読み継ぎたい絵本10選 出版から30年以上の名作ぞろい

こどもの日も間近。幼いころに読んでもらった絵本の記憶は、大人になってもあせない。他者への慈しみや協力する素晴らしさ、冒険を教えてくれる数々の絵本たち。出版から30年以上読み継がれてきた、名作中の名作を読者が選んだ。

■1位 ぐりとぐら
624ポイント 心に焼き付く黄色いカステラ

青と赤のとんがり帽子をかぶった野ねずみのぐりとぐらが、森で見つけた大きな卵でカステラをつくり、動物たちと分け合う。つい口ずさみたくなる名前、リズミカルな文章は多くの人の記憶に刻まれ、圧倒的な首位となった。1963年に出版されて以来、国内の絵本を代表するロングセラーだ。

試行錯誤の末、フライパンからふんわりと黄色いカステラが顔を出す場面には、子どもたちの目がくぎ付けになる。「極上の黄色いカステラは、今もずっと子どもたちの憧れ」(絵本ナビの磯崎園子編集長)。「幼い息子に『このカステラ、作ろう!』とせがまれた時は、私も同じことを母に懇願したことを思い出して笑みがこぼれた」(絵本専門士の山本美恵子さん)

ぐりとぐらは、においに誘われてやってきたへびやライオン、モグラやゾウ、オオカミなどと仲良く一緒にカステラをほお張る。おいしいものはわけあって、みんなで食べるともっとおいしくなると教えてくれるようだ。

読者からは「子や孫に何度も読んでとせがまれた」という声が多く寄せられた。「子どもの頃、寝るときに一番母に読んでもらった」(40代男性)という思い出も。子どもが成人したいまも子育ての思い出として、本棚に大切にしまっているという人もいる。

カステラの印象は強く「子どもが初めて一人で料理をするきっかけになった」(50代男性)、「子どもとお菓子を作るきっかけになった」(50代女性)など、料理の経験につながったという人も目立った。

「これほど愛した本はない」(50代女性)と断言する読者もいるほど、時代を超えて愛される絵本だ。

(1)中川李枝子作・大村百合子画(2)福音館書店(3)990円

■2位 はらぺこあおむし
307ポイント カラフルな切り絵のコラージュ

小さなあおむしが卵からかえり、幼虫となっていろいろなものを食べて成長し、さなぎとなり、そして美しいチョウになる。独特の味わいを醸し出すカラフルな切り絵のコラージュには大人も引きこまれる。

果物やチョコレートケーキ、キャンディーなど、絵本の紙に実際にあいた小さな穴は「あおむしが食べた跡が表現され、まるで絵本のなかの食べものをあおむしがむしゃむしゃと食べていったかのよう」(クレヨンハウス東京店の馬場里菜さん)。

「これぞ世界中の子どもたちをとりこにする、唯一無二で似た絵本はないと思う」(絵本作家の新井洋行さん)。読者からも「孫たちが生まれて初めて目にした絵本。色がきれいでどの子も目を輝かせて見ていた」(60代女性)と、色彩の美しさに感銘を受けたという人が少なくなかった。

(1)エリック・カール作、もりひさし訳(2)偕成社(3)1320円

■3位 おおきなかぶ
302ポイント うんとこしょ、どっこいしょのあの掛け声

「うんとこしょ、どっこいしょ」。絵本ナビの磯崎さんは「この耳なじみのあるフレーズこそ、読み継がれる最大の理由」とみる。大きなかぶはおじいさん、おばあさん、孫が引っ張っても抜けない。犬や猫、はたまたネズミまで動員してようやく抜ける。「彫刻家の佐藤忠良さんはシベリア抑留の経験から、現地で見て感じたロシアの民族衣装や家屋を描いた」(馬場さん)という通り、簡素かつ力強い写実的な絵も魅力だ。

子どもが朝布団から出るのを嫌がったとき「おおきなかぶごっこをして布団から引き出した」(60代女性)という思い出を持つ読者もいる。掛け声をかけるたびに「子どもがかぶを抜くしぐさをしていた思い出深い絵本」(60代女性)という声も。一緒に掛け声をかけながら読むのが楽しいという感想も多かった。

(1)A・トルストイ再話(ロシアの昔話)、内田莉莎子訳、佐藤忠良画(2)福音館書店(3)990円

■4位 100万回生きたねこ
233ポイント 本当の愛を見つけたねこ

「愛は何よりも尊く、愛だけが自分自身よりも尊いものになり得るものだと、深く感じることができる絵本」(新井さん)。誰も愛さずに100万回生きてきた唯我独尊のねこが、愛するねこに出会ってその死に初めて泣き、共に死ぬことを選ぶ。

「大人は本当に愛をみつけた話として読む」(教文館ナルニア国の川辺陽子さん)という通り「大人になって再読した方が心に残る。一番大切な愛があるんだと泣いた」(60代女性)人が目立った。就職で独立した娘に渡したという人や「夫からプロポーズのときにもらった」(30代女性)という声もあった。

(1)佐野洋子作・絵(2)講談社(3)1540円

■5位 スイミー
227ポイント 人と違っても恐れない勇気

1匹だけ黒い、小さな魚のスイミーは、大きな魚に仲間の赤い魚たちを食べられて独りぼっちに。広大な海で強く賢くなり、赤い魚たちと再会して大きな魚を撃退する。スタンプを駆使した海の絵も魅力的。「多くの人に愛されるのは、スイミーにその時々の自分を重ね、共感し、前に進む希望や勇気をもらえるから」と山本さん。

「人と違っても恐れることはない、違うことが役に立つと勇気をくれる」(40代女性)。「小さくてもみんなで協力すれば勝負ができることを子ども心に学べた」(40代女性)と、絵本のメッセージはいまも多くの人の心に生きている。

(1)レオ・レオニ作、谷川俊太郎訳(2)好学社(3)1602円