日経ナショナル ジオグラフィック社

初飛行に成功した火星ヘリコプター「インジェニュイティ」。火星表面の3メートル上空から自身の影を撮影した(PHOTOGRAPH BY NASA)
探査車パーシビアランスが、インジェニュイティとともに撮った4月6日の自撮り写真。この後、探査車は60メートルほど離れて、ヘリによる初飛行の挑戦を見守った(PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS)
米カリフォルニア州にあるNASAのジェット推進研究所で火星ヘリコプターを検査するインジェニュイティ・チームのメンバー(PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH)
2020年4月29日、火星への旅に向け、探査車パーシビアランスの下にインジェニュイティ(画面中央下)が装着された(PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH)
2021年3月21日、火星表面でインジェニュイティを保護するシールドが取り外された(PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/MSSS)
火星の表面に降り立ったインジェニュイティ。4月5日に撮影(PHOTOGRAPH BY NASA/JPL-CALTECH/ASU)

(文 JAY BENNETT、訳 ルーバー荒井ハンナ、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2021年4月20日付の記事を再構成]

ナショジオメルマガ