なぜ人は「キモい」好き? 進化でつかんだ「嫌悪感」

ナショナルジオグラフィック日本版

嫌悪感は多くの場合、人を病気から守る。でも、少し汚れることにも利点があるようだ。例えば、犬と触れ合った1歳未満の子どもは喘息(ぜんそく)になる可能性が13%減少する、という研究もある(PHOTOGRAPH BY LOUISE JOHNS)

「気持ち悪い」と感じることには進化上の意義がある──。1860年代後半、チャールズ・ダーウィンはそう提唱した。嫌悪感は先天的かつ無意識的なものであり、私たちの祖先が腐敗した食物を食べて死んでしまわないように進化したのだと。ダーウィンは、初期の人類のうち、そうした嫌悪感を抱きやすい者は生き残って遺伝子を残し、食において大胆な者は生き残らなかったという仮説を立てた。

その後、長らく、科学者たちは嫌悪感というものにあまり注意を払わなかった。心理学や行動学の研究で嫌悪感が注目されるようになったのは、某テレビ番組が盛んにゲームの出場者をスライムまみれにしていた1990年代初頭からだ。それ以降、科学者たちは様々なタイプの嫌悪感を特定し、人間の行動にどのように影響するかを研究するようになった。

研究によれば、ダーウィンは基本的に正しかった。嫌悪感は「行動免疫システム」の主要な要素なのだ。行動免疫システムとは、最も原始的な本能によって起こる、私たちの体を最良の状態に保つ行動の集合体だ。

「健康という観点から言うと、嫌悪感は感染症にかかることの少なさと関連しています。なので、病気に関連する状況では有益な感情です」。米ミシガン大学の心理学准教授ジョシュア・アッカーマン氏はそう述べる。例えば2021年1月20日付で学術誌「Frontiers in Psychology」に発表された研究では、嫌悪感を抱きやすい人たちのほうが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)期間中に健康状態が良い傾向があったと報告された。おそらくは、手洗いなどの清潔を保つ行動を取ることが多いからだという。

しかし、嫌悪感はダーウィンが想像していたよりもはるかに複雑だ。研究によると、私たちの嫌悪感は、生まれつきの反応と、文化や環境に依存する様々な人生経験に起因することがわかっている。人によっては嫌悪感が行き過ぎて、有益な菌が豊富に含まれる発酵食品が食べられないなど、健康維持に役立つはずのことができない場合もある。

「嫌悪感は、見慣れない食べ物などを嫌うこととも関連しているため、両刃の剣となりえます。実際には健康や免疫機能を向上させるかもしれない食べ物もあるわけです」とアッカーマン氏は言う。

この記事では、嫌悪感がもたらす保護効果や、なぜ一部の人(特に子ども)は「気持ち悪い」ものに魅了されるのか、そして人間がこの心理的反応を様々な文化的規範に合わせて変え、興味深い健康効果を得てきたことについて、最新の科学的知見を紹介する。

嫌悪感のルーツを求めて

2005年、人類学者のチームが、エクアドルのアマゾン熱帯雨林に、かつて敵の首を狩って干し首を作ることで知られていた先住民族、シュアール族を訪ねた。現在のシュアール族はそうした風習を否定しており、商業や観光を受け入れているほか、シュアール族の生活様式から学ぼうとする世界中の科学者たちを歓迎している。米コロラド大学コロラドスプリングス校の寄生虫専門家タラ・セポン・ロビンズ氏も、そうした訪問者の一人だった。

次のページ
なぜ人は「キモい」が好きなのか
ナショジオメルマガ