ビールの代わりじゃない 個性豊かな新ノンアルビール

国内で販売しているアルコール度数0.00%のノンアルコールビールの一部。左から時計回りにMARUKU×小樽ビール「MARUKU AF LAGER」「MARUKU AF STOUT」、アサヒビール「アサヒヘルシースタイル」、キリンビール「零ICHI」「パーフェクトフリー」「カラダFREE」、日本ビール「龍馬1865」、サントリー「からだを想うオールフリー」「オールフリー」、アサヒビール「アサヒ ドライゼロ」、キリンビール「グリーンズフリー」、サッポロビール「うまみ搾り」
日経クロストレンド

ノンアルコール・ビールテイスト飲料(以下、ノンアルコールビール)は、飲酒できないときに飲む「ビールの代替」だけでなく、気分や状況、体調などに合わせて積極的に選択して飲むものへと進化している。新型コロナウイルス禍で在宅時間が長くなるとともに、ノンアルコールビールの飲用機会も増えた。伸長を続けるノンアルコールビール市場の現状について、各社の動きを追った。

ビール類の市場が縮小する中、ノンアルコールビール市場は伸長し続けている。0.00%のノンアルコールビールが誕生した2009年と比較すると、ビール類の出荷数量は72%に減少したが、ノンアルコールビールは4倍以上に増加。コロナ禍の20年度も、前年比3%増と好調に推移している(いずれもキリン推計)。

ノンアルコール・ビールテイスト飲料市場動向。※「ビ発新」はビール、発泡酒、新ジャンル(キリン推計)

市場拡大の要因は、ノンアルコールビールの飲用シーンが広がっているからだ。

日本の酒税法では、酒類を「アルコール分1度以上の飲料」と定めている。つまり含有アルコール量が1%未満であればノンアルコールと分類され、パッケージに記載する名称も「炭酸飲料」となる。しかし、たとえ微量でもアルコールを含んでいるものは、体質や飲む量によって酔う可能性がないとは言い切れない。

そもそも0.00%のノンアルコールビールは、飲酒運転を撲滅したいという思いからキリンビールが09年に世界で初めて開発した。それに他社も追随。日本の飲料メーカー各社は自主基準でアルコールが全く含まれない「アルコール0.00%」の飲料のみを「ノンアルコール」と定義している。

そうした背景から、日本ではノンアルコールビールといえば、車を運転する人や、妊娠中や授乳中などで「飲酒したいが、飲めない事情があるとき」にビールの代替として定着した。

だが、発売から10年以上たった今、ノンアルコールビールの認知は高まり、味わいも進化。ビールの代替としてだけでなく、リフレッシュしたいときや健康を気遣いたいときなどに積極的に選ばれるようになり、商品数も増えてきた。特に健康意識の高まりに対して、各社は内臓脂肪を減らしたり、尿酸値を下げたりする機能性の高いノンアルコールビールも開発。そして「コロナ禍で健康意識がさらに高まり、市場も広がった」と各社は口をそろえる。

(サントリー調べ)
次のページ
各社のノンアルコールビールの個性
MONO TRENDY連載記事一覧