仲間をつくり「巻き込む」ことでプロジェクトを加速させる

消費の最前線はオンライン上に移行しつつあります。本書では、ヒットを生み出すために必要な要素を、以下の8つの法則としてまとめました。

・法則1 旗をたて、やりたいことを宣言しよう
・法則2 うまくいくブランドは『2階建て』である
・法則3 素直に伝えよう
・法則4 「伝統」をデザインで刷新する
・法則5 ユーザーを巻き込んでうねりを作ろう
・法則6 売れるのは『もの』だけではない!
・法則7 本格化する、サステナブル
・法則8 リスクを減らし、「スモール・スタート」で始めよう

作り手の思いが重要なのは当然ですが、プロジェクトを成功させるために押さえておきたいのは「巻き込み力」です。「作り手が有名なブランドや人でなかったとしても、ヒットは作れます。Makuake上には、このような事例がたくさん存在しており、『なにかを変えたい』と思う人のヒントになればと思って本書を書きました」と坊垣さんは強調します。

「この世界の片隅に」のアニメ映画化を応援するプロジェクトや、200万円の目標支援額に対し、2000万円以上の応援購入金額を集めたフレンチの一流シェフ田村浩二さんが人生最高のチーズケーキを作る「Mr.CHEESECAKE」プロジェクトなど、実際の事例を基に成功の秘訣を探り、法則としています。

チーズケーキそのものは、今ではさほど珍しいものではありません。(中略)なぜ、Mr.CHEESECAKEは違ったのか。やはり田村さんが「この事業を自分がやっていることに意味がある」と信念を貫いたことがポイントだと思います。
(作り手の田村さんが)フレンチの一流シェフであるというバックボーンはもちろん、ベースにあるお母様との思い出のチーズケーキというストーリー性、そして「食べた人が純粋に美味しいと喜んでくれる料理を作りたい」という気持ちを田村さんがまっすぐに伝えていること。自分のチーズケーキに絶対の自信を持ち、人を引き込むストーリーがあるからこそ、周囲も「これは本当に美味しいね!」と応援しているのだと思います。
(法則1 旗をたて、やりたいことを宣言しよう 38ページ)
次のページ
「最初の一歩」がつくる大きな未来
ビジネス書などの書評を紹介