「おわりのお重」は本日のお魚のソテー 玄米おにぎり 季節野菜のソテー。かんきつ系の風味を添えた北海道産の銀ダラやソラマメ、アスパラガスなどが彩りを添える。それに合わせるのは「早瀬浦 大吟醸 本生原酒」(福井・三宅彦右衛門酒造)。キレのある辛口で、後味がきりっと締まる。

利き酒師の資格を持つ同店スタッフが料理に合わせて選んだ各地の銘酒

ペアリングする日本酒をセレクトするのは利き酒師の資格を持つ同店スタッフ、土井貴文さん。まだ若いが、日本酒の魅力にはまり、酒蔵で1カ月仕込み体験した経験の持ち主でもある。「料理とのペアリングを通じ、各地の様々なお酒を紹介し、お客様に酒蔵を知ってもらいたい。そうすることが、結果的に蔵元の応援にもつながる」と意気込みを語る。

季節感漂う料理と日本酒のペアリングが楽しめる「季苑」

「季苑」という店名には、旬の食材を使った料理を提供する季節感と、人が集う場であってほしいという願いを込めた。インバウンド客も当て込み当初オープンは昨年の予定だったが、一連のコロナ禍で今年4月初旬にずれ込んだ。

「店のキッチンスペースも狭く、できることは限られているが、ボラーさんをトップバッターに今後、日本各地の日本酒の酒蔵や食材の生産者やフードクリエーターとのコラボレーションなどを企画し、多様な形での料理と日本酒とのペアリングを楽しんでもらえるようにしたい」と同店をプロデュースする村上由さんはいう。メード・イン・ジャパンにもこだわりながら、日本のクラフトジンや焼酎との組み合わせなどにも今後、トライしていきたい、と語る。

料理と日本酒のペアリングコースはテーブルチャージ含め8800円。営業時間は当面、午後5時半から同7時までと午後7時半から同9時までの入れ替え制で、事前予約が必要。

(堀威彦)

季苑(KION)
東京都中央区銀座8丁目7の10の地下2階
電話)03-6263-8180
https://www.kion-ginza.jp/
大人のレストランガイド