「自己肯定感低め」でも悩みから抜け出す 方法論説くリブロ汐留シオサイト店

メインの平台の上段中央に書店のおすすめ本として展示する(リブロ汐留シオサイト店)
メインの平台の上段中央に書店のおすすめ本として展示する(リブロ汐留シオサイト店)

ビジネス街の書店をめぐりながら、その時々のその街の売れ筋本をウオッチしていくシリーズ。今回は定点観測しているリブロ汐留シオサイト店だ。土日を中心に人の流れは回復してきているが、週末は店の営業を休止していることもあってビジネス書の売り上げ回復にはなかなかつながってこない。そんな中、書店員が注目するのは、自己肯定感の低い人に向けてそのままでも悩まなくなる方法を説いた心理カウンセラーの自己啓発本だった。

自己肯定感を高める必要はない!?

その本は山根洋士『「自己肯定感低めの人」のための本』(アスコム)。2020年の秋口に刊行された本だ。著者の山根氏は、本書の「おわりに」によれば、心理療法や脳科学を自ら学び、「心理カウンセラーとして少しずつ実績を積み、これまで8000人以上の人の悩みに答えて」きたという。「もっとカジュアルに、気軽に使える心理療法を提供したい」として本書を著した。

想定している読者はずばりタイトルにあるとおり、「自己肯定感低めの人」だ。なのに著者は冒頭から「自己肯定感なんて高めようなんて思わなくていい」と呼びかける。「大事なのは、いろいろな悩みや問題に直面したときに、自分はそういうものだと納得できること。あなたに必要なのは、自己肯定感よりも『自己納得感』です」と著者はいう。

自己肯定感が低くて悩んで、自分を責めるというループに入る。その原因は心のノイズだというのが著者の見立てだ。SNS(交流サイト)で他人の投稿を見て「みんな充実している。自分はダメ」とへこんでしまう。なぜそうなるのか。それは「仲間とワイワイ活動して映える投稿ができる人はスゴい」とか「自分の投稿に『いいね』がつかないと格好悪いし、たたかれたりするのがイヤだ」とか思ってしまうから。こんな感じが著者のいう、心のノイズ、メンタルノイズだ。

注目記事
次のページ
気軽にできるエクササイズも紹介