中井貴一×内田有紀 『華麗なる一族』再共演の信頼感

内田有紀さん(左)と中井貴一さん
内田有紀さん(左)と中井貴一さん

過去にも何度か映像化されてきた山崎豊子の傑作小説『華麗なる一族』が、WOWOW開局30周年記念として新たにドラマ化に。本作では、高度経済成長期を迎えた1960年代の日本の政財界を舞台に、万俵家の繁栄と崩壊を描いている。そんな不朽の名作に、若手からベテランまで豪華なキャストが集結しているのも見逃せない。

今回、富と権力を追い求める阪神銀行頭取で万俵コンツェルンの総帥でもある万俵大介を演じるのは、中井貴一さん。そして、万俵家に同居し、家庭内で大きな力を発揮している大介の愛人・高須相子を内田有紀さんが熱演している。そこで、お二人に本作の魅力や役作りの苦労、さらにはお互いの存在について語ってもらった。

膨大で難解なセリフと格闘

――まずは、出演オファーを受けた際のお気持ちから教えてください。

中井貴一さん(以下、中井):最初にお話をいただいたとき、「僕は誰の役を演じるのかな?」と思いました。もしかして、長男の鉄平かなと。でも、「父親の大介のほうです」と言われて、「僕ももうそんな年になったんだなぁ」というのがオファーをいただいたときの最初の感想でした(笑)。

内田有紀さん(以下、内田):もともと原作を読んでいまして、映画とドラマも拝見していました。なので、私の場合は「高須相子をオファーしていただけるなんて、チャンスでしかない」と思いました。なので、「大丈夫かな?」と考えるよりも前に、「演じたい!」という勢いだけで受けてしまった感じですね(笑)。もちろん、お引き受けしてから、プレッシャーなどいろんな思いは湧き上がってきましたが、最初は喜びの気持ちのほうが大きかったと思います。

――実際に、脚本を読まれたときはいかがでしたか?

中井:僕も原作は読んでいて、映像作品も見ていたので、どういう形でもう一度やるんだろうかと考えました。そんななか、上がってくる脚本を読むと、確かによくできた話だなと。あっという間に12話を読み終えて「面白いなぁ」と思った次の瞬間、膨大なセリフの量に「あ、これは大変だ!!」と気が付いたんです。

金融用語も多く、読み物として目で追う分にはよくても、全部覚えて話すのは本当に大変なことですから。それに気が付いた途端に「はたして自分にできるんだろうか」という不安が一気に押し寄せてきた感じでした。

――そういったプレッシャーは、どのようにして乗り越えられたのでしょうか?

中井:まずは時間に追われて撮影するのではなく、きちんと時間をかけて撮りたいというお話をさせていただきました。それを了承していただけたことは大きかったと思います。あとは、50代最後にこんな大きな役をやり遂げることができるなら自分にとってはプラスになると思ってお引き受けしました。

――これまで佐分利信さんや北大路欣也さんらが60代半ばでこの役を演じられました。お二人は当時、中井さんより少し上の年齢でいらしたわけですが、そういった部分で意識されたことはありますか?

中井:実は、僕が一番原作に近い年齢だと思うので、今の自分がどうやって万俵大介を表現していこうかということに力を注ぎました。もちろん、過去の作品も参考にはさせていただきましたが、それをなぞろうという気持ちはなかったですね。

昔の作品を見ていただいた方には、華麗なる一族の成長を見ていただけたらいいかなと。これまでの作品では描き切れていないところもたくさんありますが、今回はなるべくすべてを網羅できるように12時間かけて描いているので、そういう意味では最も原作に近い『華麗なる一族』になっていると思います。

『華麗なる一族』第1話より

――内田さんは、過去作を意識された部分はありましたか?

内田:私も貴一さんと同じで、過去の作品を参考にしようという考えはまったくありませんでした。というのも、いずれもすでに完成された素晴らしい作品ですからね。それよりも、どちらかというと原作のほうを意識しながら演じていたと思います。実際、撮影が始まってからも原作を何度も読み返すことがありました。

――そこには原作ファンとしての目線もあったのでしょうか?

内田:それはありましたね。例えば、自分が出ていないときにほかの方が演じているのをはたで見て、勝手に一人で興奮していました(笑)。みなさんが演じることによって、原作で読んでいたものが立体的になるので、その瞬間を見られるのは本当に楽しいことでした。

原作者である山崎豊子さんが魂を込めて描いた一言一言を現代の私たちがどう演じて肉付けしていくのか。原作ファンのみなさんには、ぜひそういう部分も楽しんでいただきたいですね。

次のページ
俳優の仕事というのは、高さよりも長さ