馬に乗り子牛・ヤギ奪い合い アフガニスタンの国技

ナショナルジオグラフィック日本版

馬に乗って子牛の死骸を奪い合うアフガニスタンの国技ブズカシ。ペルシャ暦の新年である「ノウルーズ」にマザーリシャリーフで行われた。写真右下で赤い上着を着て口にむちをくわえた男性がカイバル・アクバルザダ氏(PHOTOGRAPH BY BALAZS GARDI)

競技場にカイバル・アクバルザダ氏が現れた。目ざとく気づいたファンの間から、うねるようなざわめきと歓声が沸き起こる。立派な体格のカイバル氏は、力強い動きでひと息に馬の背に乗り、一気に駆け出す。

2020年12月初旬の金曜日、アフガニスタン北部の都市マザーリシャリーフ。カイバル氏が参加しているのは、アフガニスタン伝統の国技「ブズカシ」の試合だ。大きな試合は冬の間、金曜日の礼拝後に行われる。アフガニスタン北部の全域から集まった80人ほどの選手たちは、今、馬に乗って競技場の中央にひしめき合っている。泥とうめき声で埋め尽くされたこの中のどこかに、目指す「ボール」がある。ボールとは、頭部を切断し、内臓を抜いて縫い合わせた子牛あるいはヤギの死骸だ。

この競技のゴールはシンプルだが、それを達成するまでの道のりは厳しい。得点を上げるには、騎手は死骸の「ボール」をつかんで、フィールドの端にある旗の周りをまわってから、それをチョークで描かれた円の中に落とさなければならない。規範は存在し、反則行為は冷ややかな目で見られるものの、敵対する騎手同士は、相手がボールを円の中に落とすのを妨害するためなら、ほとんど手段を選ばない。

タリバンがこの国を支配していた1996年から2001年にかけては、ブズカシをはじめとする数多くの娯楽が「不道徳」なものとして禁止されていた。タリバン政権崩壊から20年、国技は復活したものの、米軍が兵力を縮小しつつある現在、再びタリバンの影響力が増しつつある。この国の半分近くがタリバン支配下、あるいは支配権を争っている状態にあり、政府が掌握している地域でも、タリバンは標的を絞った暗殺を行い、道路や集会を爆撃して恐怖をあおっている。

事実、カイバル氏(騎手はファーストネームで呼ばれるのが一般的)が北部の都市クンドゥズから、試合が行われるマザーリシャリーフまで車で移動するのに、普段の3倍に当たる10時間かかった。高速道路で銃撃戦があったためだ。

カイバル氏は、有名なブズカシ選手の家系に生まれた。彼のおじは、クンドゥズ州出身のチャンピオンで1970年代には国中に名を知られていたが、内戦の間に待ち伏せ攻撃によって殺害された。過去40年間の戦争で命を落とした親戚たちは、14人にものぼる。

2015年、タリバンが一時的にクンドゥズの街を制圧したときには、カイバル氏の家族は2週間、地下室に潜んでいたこともあった。戦闘は徐々に激しくなり、米軍の空爆が地面を揺らした。それ以来、タリバンは勢力を回復して周辺の田園地帯の多くを掌握し、暴力は「日に日に悪化している」と、カイバル氏は言う。

この日の試合が次第に激しさを増す中、カイバル氏はなかなか自分のリズムをつかめずにいた。地元の支援者が用意してくれた馬は予想よりも小さく、カイバル氏の体格や強気なプレースタイルには合わなかった。さらに彼は、サマンガン州から来た5人兄弟の選手による妨害を受けていた。カイバル氏が子牛をつかもうとすると、兄弟のうち2人がカイバル氏の馬の脇腹を激しくむちで打ち、馬をよろめかせる。観客からヤジが飛ぶ。

「あの選手たちは反則で試合を台無しにしている」と、ある熱心な地元ファンが言う。「あれは汚いプレーだ」

ブズカシで3度チャンピオンになった馬、カラ。体格に恵まれているわけではないが、俊足と恐れを知らない性格から、アフガニスタン北部でその名を知られるようになった(PHOTOGRAPH BY BALAZS GARDI)
次のページ
ブズカシの起源
ナショジオメルマガ