白デニムとベストが旬 この春、ベージュもトレンドADAM ET ROPE'渋谷PARCO店 神原啓助さん

ADAM ET ROPE'渋谷PARCO店の神原啓助さん
ADAM ET ROPE'渋谷PARCO店の神原啓助さん

新型コロナ対策に気を抜けない日々が続くが、ときにはおしゃれも楽しみたい。そこで知っておきたいのが、2021年春のトレンドだ。今回は、流行の発信地・渋谷パルコにあるADAM ET ROPE'(アダムエロペ)を訪ね、スタッフの神原啓助さんに流行の色やアイテムなどを幅広く聞いた。




色は明るめ おうち時間にもなじみやすく

――今季、力を入れているアイテムはなんでしょうか?

「白やベージュ系のアイテムですね。落ち着いた印象を与えつつ、ネイビーや黒のように暗く見えないので使い勝手がいいんです。建物や家具に使われることが多い色でもあるので、生活空間に溶け込みやすいのも魅力です。このご時世ですから、街中だけでなく自宅での着用も考慮してセレクトしています」

――春らしい爽やかさもありますね。具体的なトレンドアイテムを教えてください。

「まずはデニムパンツです。少し前までは若者を中心に“デニム離れ”と言われるほど需要が減っていました。ですが、昨年あたりからじわじわと再燃し始めています。これまで定番だったスラックスに新鮮味を感じられなくなったのが一因でしょう」

「これまではシルエットが太めのスラックスに注目が集まっていましたが、今年はデニム需要の高まりを感じています」

――特にどんなものがおすすめですか?

「“いかにも”に見えにくい、白色のものがいいと思います。これまで取り入れてこなかった方にとってもハードルは低いかと思います。白デニムというと細身のものを連想する方が多いですが、ワイドシルエットの方が今年らしいです」

――シルエットは依然としてゆったりめが流行なのですね。

「そうですね。次に幅広いブランドが今季のコレクションで提案しているのがニットベストです。これもトレンドと言えるでしょう。店頭でも動きが早く、注目度の高さがうかがえます。中でも、肩が落ちるくらいのゆったりした大きさのものが選ばれている印象です」

次のページ
統一感抜群の白デニムコーデ 素材やデザインもポイント
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram