つまり、一人称単数で話す人より、二人称で話しかけてくる人の方が話しかけられる側にとって有意義になることが多いのです。

実はこのような会話の構造は、最近広まっている1on1のようなフィードバック面談時の基本テクニックだったりします。それは傾聴というテクニックです。

一人称での会話は押しつけになりやすい

1on1というフィードバック面談手法は、2017年に出版された「ヤフーの1on1」や「フィードバック入門」などで紹介されて広まってきました。上司と部下との面談頻度を高めるとともに、上司による指導ではなく、部下側の悩みを聞いたり相談に対応したりする場として活用する手法です。

その中でも特に重要なことが、部下が上司に気兼ねなく相談できる状態をつくることです。けれどもビジネスの場での面談となれば、それが評価につながるかも、などの警戒心が出てきて当然です。

だからこそ、上司は部下が話しやすい状況をつくらなければいけません。そのための手法として、部下の言葉を引き出すため傾聴というテクニックを活用します。

傾聴は基本的に「質問し耳を傾ける」会話の繰り返しです。

そしてやってはいけないことが、「意見を示す」ことです。

たとえば部下に対して「最近仕事で困っていることはない?」と尋ねたとしましょう。それに対して部下が「実は今取り組んでいるプロジェクトの作業量が多くて、いつも終電近くまで働くことになってしまっているのが悩みです。家族に迷惑をかけてしまっているし、気持ちも落ち込んでしまって」と答えたとしましょう。

これに対して上司側が「なるほど。僕も若いときにはそんな時期があったし、今も遅くなるときが多いから気持ちはわかるよ。そんなとき、作業の段取りを良くして、計画性を高めたらうまくいったんだけれど、君もそうしてみたらどうかな」

と答えてしまうのが上司側の「意見を示す」ことであり、やってはいけない回答です。この回答例では、上司側に決して悪意はありません。むしろ部下に対する思いやりの気持ちで回答をしているはずです。けれども部下からすれば、上司の一方的な意見を押し付けられた、と感じてしまうのです。

ではどうすればよい回答になるのでしょう。

次のページ
耳を傾けるには二人称の質問から始める
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら