日経Gooday

「運動しながら回復を待つ」というやり方

――そのほか山中さんとの対談で、特に印象深かったお話は?

ケガの治療に対する考え方でしょうか。例えば、ケガをして整形外科で診てもらうと、「しばらく休んでください」と言われ、お薬をもらいます。痛みをなくすには休むことが一番だと頭では分かっているのですが、休むと積み上げてきたトレーニングがリセットされるようで怖いんです。

しかも年齢を重ねるほど、積み上げたものを取り戻すのはとてもつらい作業だと分かっています。休んで痛みが和らいでも、練習を再開するとまた痛くもなる。だから、長年お世話になっているリハビリチームの知恵と手を借りながら、膝に負担がかからないように「動かしながら回復を待つ」トレーニングを実践してきました。しっかり休むことが大事だと思いつつも、トレーニングしながら治せないかという矛盾と闘ってきたんですよ。

――具体的にどのような方法ですか?

多くの診察や治療、リハビリを受けて分かったのは、痛みの原因は負傷した部位だけでなく、そこにつながっている関節や筋肉といった他の部位や動かし方にもあるということでした。「膝が痛いのは、脚全体や股関節の動かし方にも問題がある」とリハビリトレーナーから指摘を受け、膝への負担を減らすために股関節や足首を柔らかくするトレーニングを続けてきました。もちろん骨折などは安静が必要ですが、体の構造から痛みの原因を考え、「動かしながら治す」というやり方に、山中さんも共感してくださって。自分がやってきたことは間違いではないと証明されたようで、うれしかったですね。

半月板がない状態で走るための裏の努力

――半月板も軟骨もほとんどない状態で走れるのが不思議ですが、具体的にどんなトレーニングをされているのでしょうか。

年2回ほど膝のMRI撮影をしてくださるお世話になっている医師からも、なぜ走れるのか分からないと言われます。大腿骨と頚骨がぶつかって痛いし、やっぱり怖いです。だけど走れるんです。

僕はX脚なので、走るときに軸足の膝が内側に入ってしまい痛みが出てしまいます。でも、お尻の力を入れると軸足の膝は外側に向きます。だから、お尻の筋肉を鍛えてステップを踏むようなトレーニングをしています。あとは、足の指で体重を支えられるような力がつけば、膝への負担が多少なりとも和らぐという考えから、足の指を曲げて丸めたまま立つトレーニングもしてきました。

――足指を丸めたまま立つ!?ですか。

足のつま先(上写真右)で立つのではなく、下写真のように、足の指を曲げて丸めたままで立つトレーニングを続けたという

バレリーナは足のつま先で立ちますが、足の指を丸めた状態で立つんです。こんな感じですね(右写真)。

例えば、拳を作ると力が入りますよね。それを足の指でするイメージです。これができれば、走ったときに地面から受ける衝撃を和らげることができ、膝への負担が軽くなるという理屈です。リハビリトレーナーのアドバイスで始めましたが、全体重が足の指にかかるので、最初はめちゃくちゃ痛くて指が腫れたし、立つことすらできませんでした。努力と根性でやるしかないと言われ、毎日地道に続けた結果、今はこの状態で歩けるようになりました。

痛くて地味なトレーニングを続けてきたわけですが、せっかくアスルクラロ沼津に入団させてもらったのに試合に出るところまでいけませんでした。情けないとふがいない気持ちが常にありました。

ピッチに立てなくてもトレーニングを続ける理由

――なかなかピッチに立てない中で、どうして孤独でつらいリハビリ生活を続けられるのでしょうか。

約8年も公式戦から離れているので、ピッチに立つのはなかなか難しいなと思う自分もいました。でもやっぱり純粋にサッカーが好きで、グラウンドに立ってみんなと練習したいから続けているんですよね。その先に試合があるのでしょうが、そこまで考える余裕はありませんでした。

「きついなあ、これだけやっても先が見えてこないよ」 と、どうすればいいのか迷うことも一度や二度ではありませんでした。リハビリ中に痛みが出たら不機嫌になったり、筋トレの効果がなかなか現れなくて一歩ずつ上に登っていくことしか考えていませんでした。本来、トレーニングし続けることで結果に結びついて、自信につながりますが、そうした練習の成功体験も今ではマイナスになる場合が多く、トレーナーからは「昔の成功体験は忘れてください」と言われました。

葛藤がないと言ったら嘘になりますが、それでも「自分がやりたいことは何か」と考えると、やっぱりサッカーがやりたい。それがしんどいならやめればいいだけです。僕は、ただサッカーをやめることが嫌だから挑戦してきました。とすれば、自分が好きで挑戦しているのに、モチベーションが湧かないと口に出すのはおかしいだろうと思うわけです。

――ネガティブな気持ちが続けば、ストレスがたまりそうですが。

たまりますが、考え方次第だと思います。例えば、僕がやってみて意外と効果があったのは、自分をカッコいいと思い込むこと。そして、自分の熱狂的なファンになることです。黙々とリハビリしている姿を人が見たら「ケガと闘っている中山、かっこいいと思うんじゃないかな」などと、勝手に思い込む。誰も見てなくても、「こうした地道な努力が本当の力になる」と、今まで以上に強くなった自分を想像しながら、自分で自分を盛り上げる。そんなイメージでリハビリトレーニングに取り組んできました。

50歳を超えてもアスルクラロ沼津という練習やリハビリできる場を与えてもらったのですから、そこに感謝して自分のやれることを精いっぱいやらなければいけないとも思っていました。何より後で「あの時、こうしておけば」という後悔を少しでもなくしたい。後悔する歳でもないんですけどね。

(次回に続く)

(ライター 高島三幸、写真 厚地健太郎)

中山雅史さん
1967年生まれ。静岡・藤枝東高、筑波大学を経て、90年にヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)に入団。98年、Jリーグ年間最多の36ゴールを記録(当時)し得点王と最優秀選手(MVP)、2000年にも得点王に輝く。98年フランスW杯、2002年日韓W杯の2大会に出場し、98年フランスW杯のジャマイカ戦で日本人選手としてW杯初ゴールを決めた。2010年コンサドーレ札幌に移籍。12年第一線を退くことを発表。15年アスルクラロ沼津と契約。20年S級ライセンスを取得。21年ジュビロ磐田のコーチに就任。新著に『再起は何度でもできる』(PHP研究所)。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント