足の爪トラブル早めのケアで予防 体支える親指に多く

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

足の爪が痛くて靴が履きにくい、歩きにくいと悩んでいる人は意外に多い。トラブルの代表例は、親指に起こることが多い巻き爪と陥入爪だ。どちらも早めのケアが望ましい。正しい仕組みと対処法を知ろう。

爪は小さなパーツだが、実は指先の力を補強するという重要な役割を担っている。東京医科歯科大学皮膚科の高山かおる臨床准教授によると「爪があるから足の指は体重を支え、地面からの衝撃を受け止めることができる」。それだけに足の爪はトラブルに見舞われやすい。中でも最も負荷がかかる親指の爪に起こることが多いのが特徴だ。

巻き爪とは、爪が変形し内側に巻き込んだ状態をいう。アルファベットのCのようにくるっと丸まる、ホチキスの針のように直角に折れ曲がるなど形状は様々だ。普段は痛みがなくても、運動や長時間の歩行で爪が圧迫されると痛みを覚えることがある。

ではなぜ爪は巻いてしまうのか。「そもそも爪は巻き気味に生える性質がある。通常は歩くときに加わる地面からの圧が、爪を広げる対抗力となり巻く力を抑えている。しかし両者のバランスが崩れると巻き爪になりやい」。こう解説するのは、埼玉医科大学形成外科の簗由一郎医師。治療のかたわら、ウェブサイト「専門医と学ぶ巻き爪・陥入爪治療の相談室」を立ち上げ、啓蒙活動を行っている。

バランスを崩す原因としては「先の細いハイヒールなど爪を圧迫する靴を履く。指でしっかりと地面を踏みしめる歩き方をしていない」(簗医師)などが挙げられる。爪先に余裕がありつつ甲部分で足を固定できる靴を選び、正しい歩き方を心がけるのが予防・改善策になる。

陥入爪は、爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みや炎症を伴う状態だ。炎症がひどくなると細菌感染を併発して皮膚が化膿し、激痛で歩けなくなることもある。巻き爪が進行して発症することが多いが、巻いていない爪にも起こる。

陥入爪の一番の原因は、爪を短く切りすぎる深爪だ。高山臨床准教授いわく「深爪をしていると、地面からの圧で指の先端の皮膚が盛り上がってくる。そこへ伸びてきた爪がぶつかって傷をつくり、陥入爪になる」。盛り上がった皮膚は、爪がまっすぐ伸びるのを妨げ、巻き爪を育てることにもなるという。

痛みから逃れようと、伸びてきた爪を切ってしまう人が多い。だが深爪を繰り返すのは悪循環だ。高山臨床准教授は正しい足の爪の切り方として、両角を残し中央が水平になるスクエアカットを指導している。「長さは指の先端と同じかやや長め。両角はヤスリで少し丸く整えてほしい」。両角を斜めに切るのは巻きやすくなるので避けよう。

爪切りは刃先がストレートなものを選ぶとよい。刃先がカーブしていると、爪が丸く切れて深爪になりやすい。「正しく爪を切るだけで、大部分の巻き爪・陥入爪は防げる」(高山臨床准教授)。

発症した場合、軽度ならまずはセルフケアを。米粒大に丸めたコットンを爪と皮膚の間にはさむ方法や、テーピングのけん引力で爪と皮膚の間を広げる方法が有効だ。

簗医師は形状記憶合金でできたクリップタイプの巻き爪矯正器具「ネイル・エイド」を開発し市販している。自分で簡単に取り外しでき、繰り返し使える点が好評という。

医療機関で受けられる治療には、巻き爪に弾性ワイヤを通して平らに近づけていく弾性ワイヤ法、陥入爪の側面にチューブを挿入して爪の食い込みを防ぐガター法などがある。爪のトラブルに詳しい医師がいる皮膚科や形成外科を受診しよう。

痛みを感じたら放置せず、早めのケアを始めたい。

(ライター 松田亜希子)

[NIKKEI プラス1 2021年3月20日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント