ご当地缶詰がずらりカンダフル コロナ下で売上高3倍

日経クロストレンド

全国各地のご当地缶詰を集めた「カンダフル」。2020年9月、東京・秋葉原に誕生した
全国各地のご当地缶詰を集めた「カンダフル」。2020年9月、東京・秋葉原に誕生した
日経クロストレンド

えっ、こんな缶詰があるの? ときっと思うに違いない。

牛タンのデミグラスソース煮込み、焼きサバのアヒージョ、イワシのカレー、タイのそうめん、たくあん、きゅうり漬け──。

東京・秋葉原の高架下にある「日本百貨店しょくひんかん」には、ご飯や晩酌のお供になるご当地缶詰が、ぎっしりと並んでいる。その数、約350種類。1都3県に直営8店舗を構える日本百貨店(東京・港)が2020年9月、「日本一の缶詰売り場」として開設した、その名も「カンダフル」だ。初月から月商100万円を上回った。同店における缶詰の売上高はこれまで月30万円程度で、一気に3倍以上伸びた計算だ。

販促に大きく力を割いたわけではない。もともと扱っていた缶詰を1カ所に集めて専用コーナー化し、「カンダフル」というキャッチーな名前をつけた。それだけで来店客の目に留まり、飛ぶように売れ始めたのだ。

「缶詰博士」こと黒川勇人氏一押しの缶詰を集めた常設コーナーも開設した

仕掛け人でありながら、「すぐに結果が出て、本当にびっくりした」と振り返るのは、日本百貨店取締役ファウンダーの鈴木正晴氏。カンダフルとは、缶詰とワンダフルを掛け合わせた造語だ。缶詰に着目したのは、劇的な進化を感じ取ったからである。日本全国の食材を集める中で、鈴木氏は確信した。日本の缶詰はもはや保存食の域を超えている。味も本格的で、バリエーションも年々、豊かになっている。

「例えば、おすしの缶詰まであるんですよ。奇抜だなあと思ったが、食べてみると本当においしくて。調べたら、大阪のおすし屋さんが作っていた。缶詰は非常食にもなるし、缶だからリサイクルも簡単。環境に優しく、SDGs(持続可能な開発目標)の流れにも乗っている。日持ちがするので、商売的にもロス管理をあまり気にしなくて済む」(鈴木氏)

来る日も来る日も缶詰を開けては食し、自分なりのアレンジレシピを試すうちに、鈴木氏自身が缶詰にどんどんのめり込んでいった。売り場を作るなら、中途半端では意味がない。「300種類、400種類の缶詰を集めて、ここに行けば何でもある。缶詰コンシェルジュがいて『こんなときは、この缶詰がいいよ』と薦めてくれる。そこまでやらないと消費者には伝わらないと思った」(鈴木氏)。かくして世にも珍しい、尖った缶詰売り場は誕生した。

一方、不要不急の外出自粛が求められるコロナ禍では、いくら売れ行きがよくても、かつてのような集客は望めない。そこで間髪を入れず、缶詰の移動販売に乗り出した。

「お客さんが来ないなら、こちらから売りに行けばいい」(鈴木氏)と考え、軽トラックの荷台を改修し、120種類の缶詰を積み込める「カンダフルカー」に仕立てた。三井不動産の協力を得て、東京の豊洲、晴海、板橋、千葉市にある同社グループ管理マンションを回ったところ、やはり多い日で1日約15万円を売り上げる盛況ぶりだった。

東京・豊洲のタワーマンションに乗り付けた「カンダフルカー」

「『缶詰を買うならカンダフル』というぐらいブランドが認知されたら、EC(電子商取引)サイトもぐっと伸びる」と鈴木氏は読む。缶詰という古くて新しい食材が、実店舗とオンラインをつなぐ懸け橋に化けようとしている。

和歌山から「リモート販売」

缶詰だけではない。日本百貨店は新型コロナウイルスの感染拡大を機に、新しい売り方に挑んできた。中でも、確かな手応えをつかんだのが「リモート実演販売」だ。生産者と店舗をインターネットで結び、モニター越しに商品を提案するというアイデアである。

「ただいま和歌山県からリモート中」「はじめまして!生産者の有本です」

声の主は、和歌山県みなべ町で有本農園を営む有本陽平氏。梅農家でありながら梅酒づくりにも取り組んでおり、手持ちのiPadを使って東京・秋葉原の「しょくひんかん」の客に向けて積極的に声を掛けた。

日本百貨店は全国から生産者を招き、店頭で年間400回以上もの実演販売やワークショップを企画してきた。しかし、コロナ禍ではそれもままならない。であれば、ライブ配信をやってみたらどうか。いざ試してみると、リモートでも意外と話は弾んだ。

「お客さんにも喜んでもらえるし、彼が話すと、3000円も4000円もする720ミリリットルの梅酒が7本も8本も売れる。うちの店に来る人は、作り手さんとの触れ合いを求めている。オンラインとはいえ生産者と話ができて、すごく楽しいんだと思う」(鈴木氏)

東京・日本橋の「日本百貨店 にほんばし總本店」では、福井県鯖江市の眼鏡職人によるリモート販売を開催した。「新型コロナウイルスワクチンができたと言っても、しばらくは以前のように自由に移動はできない。であれば、この先もリモート販売会は続けていきたい」と鈴木氏は前を向く。

リモートで行った梅酒の店頭販売は、思わず足を止める人が続出した
次のページ
「作り手の顔が見える」オリジナルPBに挑戦
MONO TRENDY連載記事一覧