能楽師・安田登さん 自分の可能性広げる三流のススメ

能楽師の安田登さん。「一生一つのことを追い続ける一流こそ素晴らしい、という価値観に縛られるのって、なんだかとっても窮屈だなと思うんです」
能楽師の安田登さん。「一生一つのことを追い続ける一流こそ素晴らしい、という価値観に縛られるのって、なんだかとっても窮屈だなと思うんです」
日経 X woman

ある時は古典を教える寺子屋のお師匠さん。ある時は、ロルフィングという施術で体の動きを改善する米国公認ロルファー。またある時は、劇団の座長。さらには3DCGの本を書き、仮想現実(VR)まで研究する恐るべき「サードプレイス」を持つ摩訶(まか)不思議な能楽師、安田登さん。常に自分がそそられる世界を見つけては、自由自在にホッピングし続ける。まるで陽気な遊牧民みたいな安田式サードプレイス道には、迷える私たちが、ハラ落ちする珠玉のヒントがありました。

◇  ◇  ◇

サードプレイスと三流のススメ

まず「サードプレイス」の前に、僕が今、推進している「三流のススメ」についてのお話を少々。

人間には、一生一つのことを追い続けることが得意な人がいますよね。一流とは本来、一つのことをするという意味です。一流の人たちは、ファーストプレイス、またはセカンドプレイスとしての仕事を大事にし、どんな立場に追いやられても、「自分はこれが好きなんだ」と迷わずやり続けることができる。

一方、いろんなことをする人や、始めてはやめ、また始めては他のことに目が行ってしまう人は、三流と言われます。それも、ちょっぴりいじわるなニュアンスで。

僕を含めた多くの人は、一流じゃないほうの人です。「じゃない人」は案外と多いのに、日本では一流こそ素晴らしいということになっている。

でも、それって本当でしょうか? そんな価値観に縛られるのって、なんだかとっても窮屈だなと僕は思うんです。

どうせならいろんなことをしよう、いろんな場所に行ってみようというのが、僕の三流のススメ。ポイントは「三流でもいい」ではなく「三流がいい」。そう決めることで、ずいぶんと気楽にさまざまなことができ、可能性が広がるような気がしませんか?

サードプレイスにこれから向かう皆さんは、ぜひ心の内ポケットにきらめく三流魂をしのばせてみてください。

数を数える時に「ひとつ、ふたつ、いっぱい」と言う民族がいますよね。老子の一節にも、「道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず」とあります。

つまり、サードプレイス以上は、限りなく開かれたもの。 そこで、サードプレイスをもう一つの世界とは考えずに、「いっぱい」と考えてみます。さあ、ここからサードプレイスは、もろもろのプレイスです。

サードプレイスは、苦手なことをやらない

もろもろのプレイスを得るために、僕が考えるのは、まず苦手なものはやらない、頑張らないという選択です。

僕は神話などを上演する一座を主宰していますが、必ず遅刻するメンバーがいるんです。どのくらい遅刻するかというと、新幹線に乗る時間に目を覚ます。彼女は、大きな商社に勤めているんですが、入社試験も忘れていたそうです。会社から電話があり、その日最後の面接に入れてもらい採用された。こうなると、彼女に時間通りに来なくちゃダメだって言うほうが間違いでしょう?

うちの一座では誰も遅刻を責めないことになっています。本番に誰かが間に合わなければ、直前に台本を書き換えればいい。お客さんには分からない。

彼女にとっては、遅刻も天命の一つ。「時間通り」が苦手な彼女は、それを克服しようと頑張る必要はなく、それでOKな場を選べばよいのです。

得意なことがすくすく育つ場所を確保する

そんなことを言うと、でも彼女には遅刻が許されるような何か得意なことがあるからでしょ? って思う人がいるかもしれない。

でも、それは別の話。得意なことは別になくていい。まだ見つかっていないだけのことですから。苦手なことをさっぱりやめると、穴ができます。穴に「工」を付けると空になります。空間が広がり、その穴から新しいものが入ることができる。得意なものがすくすく育つ場所が確保できるのです。

さて、自分の中に良い具合に穴ができました。ここで何をやるか。

注目記事
次のページ
不惑は「惑わず」ではない…?