人気高まるVTuber その数1万人を突破 海外も注目

日経エンタテインメント!

コロナ禍のエンターテインメント業界において、存在感を増すYouTube。なかでもイラストで描かれたキャラクターが配信を行うバーチャルYouTuber(VTuber)の活躍が著しい。ファンがお金を払って応援コメントを送る「投げ銭」でも、YouTubeの世界上位3位までは日本のVTuberが占めるという。

VTuberはいつ頃から登場し、どうやって広がっていったのか。2017年からVTuberの人気ランキングを調査しているユーザーローカルの伊藤将雄代表取締役社長に話を聞いた。

◇  ◇  ◇

自称“世界初のバーチャルYouTuber”として活動しているキズナアイ。VTuberの代名詞的な存在と認識している人も多くいることだろう

「VTuberの先駆け的存在といわれるのが、2016年に登場したキズナアイさん。実は2011年頃からAmi Yamatoという人がロンドンで3Dキャラクターを使った配信をしているのですが、現在のVTuberとは一線を画している印象があります。やはり現在のVTuberのポップなイメージを作り上げたのは、キズナアイさんだと思います。

彼女に続く形で、3DCGを使った、表情や手足の先までしっかりと動く高性能なVTuberが出現し、人気を博しました。ただ、当時は数人ほどしかVTuberは存在していなかったんですね。それが現在は1万3000人を突破しています。

きっかけになったのが、平面のイラストがそのまま動く『Live2D』という技術です。18年の初頭ごろからこの技術を利用したVTuberが多数現れました。

平面イラスト型と3DのVTuberが異なる点は運用コストです。3DのCGキャラクターを運用するのは技術的にも難しく、また多くのスタッフを必要とします。アニメ作品を作るイメージですね。しかし、2DのVTuberは、Live2Dとスマホのカメラだけで配信ができる。いつでも気軽にライブ配信を行えるんです。これにより、ユーザーとの関係性も近くなり、配信者と視聴者のインタラクションも活発になっていきました。

私が画期的だったと思うのは、(VTuberグループ)にじさんじの月ノ美兎(つきのみと)さんの出現ですね。初めは女子高生で学級委員長という設定で出てきましたが、その後『中の人が透けて見える』という、ある種の奔放なキャラ作りで話題となりました。それまではアニメと声優の関係に似た『キャラクターを演じ切る』というのがVTuberの基本の型でしたが、月ノ美兎さんの出現以降、自由な配信が人気となったのです。

にじさんじに続き、20年になって躍進を遂げたのが、VTuber事務所『ホロライブプロダクション』。特に戌神ころねさんや、兎田ぺこらさんは、とても勢いがある。どちらもサービス精神過多でユーモアに富んでいるので、人気なのも納得できます」

次のページ
絵師とVTuberの関係
エンタメ!連載記事一覧