4000年前のスペインに女王? 宮殿の下に埋葬の理由

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

スペイン南東部、ラ・アルモロヤの遺跡で約4000年前の女性の墓が見つかったとき、この銀の冠が女性の頭蓋骨を飾っていた(PHOTOGRAPH BY J.A. SOLDEVILLA, COURTESY OF THE ARQUEOECOLOGIA SOCIAL MEDITERRANIA RESEARCH GROUP, UNIVERSITAT AUTONOMA DE BARCELONA)

銀の冠を含む数々の副葬品とともに、現在のスペイン南東部で約4000年前に埋葬された女性が、一国の権力を握るほどの人物だった可能性が浮上している。2021年3月11日付で学術誌「Antiquity」に発表されたこの女性に関する論文は、ヨーロッパの青銅器時代初期における女性の役割を新たに問うものだ。また、国家権力はほぼ例外なく男性優位の家父長制社会の産物であるという、19世紀のドイツの社会思想家フリードリヒ・エンゲルス以来の考え方に疑問を投げかけている。

墓地はスペイン南東部の都市カルタヘナの北西約55キロ、森林地帯の丘にあるラ・アルモロヤ遺跡にあり、2014年に発掘された。この女性は一人の男性とともに埋葬されており、男性は配偶者だったようだ。放射性炭素による年代測定から、埋葬されたのは紀元前1700年ごろとされた。豪華な装飾品の状況から判断すると、男性よりも女性の方が上位にいた可能性があるという。

「これには2通りの解釈があります」と述べるのは、論文の共著者の一人で、スペイン、バルセロナ自治大学の考古学者ロベルト・リッシュ氏だ。「女性は王の妻に過ぎないとも、この女性自身が為政者であったとも考えられます」

当時この一帯で繁栄していたアルガル文化では、その副葬品から、女性は男性よりも早くから成人と見なされていたことがわかる。女の子であれば、6歳でもナイフや道具とともに埋葬されたが、男の子がそうされるのは十代になってからだ。

この文化の代表的な遺跡で、ラ・アルモロヤから80キロほど南のエル・アルガルでは、何十年もたってから女性が埋葬された墓を開け、他の男性や女性を合葬するという珍しい風習があり、これはたいへん栄誉あることと考えられていたようだ。また、2020年にリッシュ氏らが発表した論文によると、アルガル文化の墓に埋葬されていた身分の高い女性は、他の女性よりも多くの肉を食べていたという。このことからも、実際に女性たちが政治的な力を手にしていた可能性が考えられる。

「その政治的な力が厳密にどんなものであったのかは、私たちにはわかりません」とリッシュ氏は言う。「しかし、このラ・アルモロヤの墓は、青銅器時代の女性の政治的な役割に疑問を投げかけています。従来の考え方が大きく問われているのです」

次のページ
「議会」の下の豪華な埋葬
ナショジオメルマガ