手軽なドリップバッグ 名店のコーヒーをスーパーで

巣籠もり期間の「家飲みコーヒー」需要の増加で、ドリップバッグの売れ行きはコロナ禍以前に比べ2ケタ増の勢いという
巣籠もり期間の「家飲みコーヒー」需要の増加で、ドリップバッグの売れ行きはコロナ禍以前に比べ2ケタ増の勢いという

リモートワークに外出自粛。コロナ禍の巣籠もり生活が続くなかで「家飲みコーヒー」の需要が膨らんでいる。目立つのは焙煎(ばいせん)豆のまとめ買いや通販の利用だ。加えて伸びているのがドリップバッグ。封を切って、カップにセットするだけという手軽さが、自宅で何杯も飲みたいな、という人たちに見直されている。今では各地の有名店が商品化した自慢の味がスーパーの店頭にも並んでいる。買い物ついでに手を伸ばせる、こだわりのドリップバッグをいくつか紹介しよう。

ドリップバッグというと、一昔前はギフトのイメージが強かった。スーパーの店頭に並ぶのもUCC上島珈琲やキーコーヒーといった大手ロースター(焙煎業者)の商品が主流を占めていた。だが、ここ数年の間にコーヒー専門店の名前を冠した商品が続々と登場し、品ぞろえの幅がグンと広がった。

家飲み用に焙煎豆を購入する人は増えたが、リモートワークの合間に何度かコーヒーブレイクしたいと思っても、その都度、豆を挽(ひ)いて専用器具でドリップするのはちょっと煩わしい。そんな時に1杯分を手早く抽出できるドリップバッグは重宝する。専門店の銘柄は1杯当たり20~30円程度の大手商品に比べると割高だが、ぜいたく気分を味わえる。ここでは主に首都圏の食品スーパーで買える一部の品々を取り上げた。実売価格は店によって異なる場合もあるので、筆者購入時のおおよその価格帯を示した。

猿田彦珈琲の「モカマイルド」(左)と「猿田彦クラシック」。ほかに「大吉ブレンド」などがある

猿田彦珈琲は東京・恵比寿に本店を置き、首都圏と台湾に店舗展開するスペシャルティコーヒーの専門店。現在、関東を中心に12社ほどのスーパーが同社のドリップバッグを販売している。味わいに関しては「後味の余韻を大事にしている」(同社)という。

コスタリカ、ブラジルなど4カ国の豆をブレンドした「猿田彦クラシック」(1パック5袋で約640円)は深めの焙煎でしっかりしたコクの中に苦みと酸味がバランス良く溶け合う。「モカマイルド」(同、約690円)はエチオピア、ブラジル、コスタリカのブレンドで、まろやかな苦み。酸味は優しく、すっきりした口当たりだ。

丸山珈琲の(左から)「ディカフェ カングアル」「スペシャルティ・マイルド」「丸山珈琲のブレンド」

スペシャルティ大手の丸山珈琲は現在、カフェインを取り除いたディカフェを含めた3種類を中心に、本店のある長野県のほか首都圏、愛知、大阪、九州などに販売先を増やしつつある。まだ普及途上のスペシャルティにとって、ドリップバッグは「消費者の入り口」として重要なアイテムと位置づける。

ホンジュラスやエルサルバドルの豆をブレンドした同社イチ押しの「スペシャルティ・マイルド」(1パック5袋で約970円)は甘い香りにクリーンな味わい。上品な酸味が時間とともに際立ってくる。定番の深煎り「丸山珈琲のブレンド」(同約980円)はチョコレートのような風味をまとった安定感のあるコクが味わえ、飲み応えがある。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド