――青山学院大学在学中の16年、地元の防災教育などを支援する「トリプルアイ(飯岡地区の頭文字のI・一人称のI・愛)プロジェクト」に参加されました。どんな思いでしたか。

旭市を襲った津波は地震発生から3時間近くを経た第3波とされるものが最も大きかった。高さは最大7.6メートル。その衝撃で止まった時計が旭市防災資料館に展示されている(2021年3月)

「小中高と同じ学校に通った大木沙織さんがSNS(交流サイト)で呼びかけたんです。東北と同じように被災しているのに、世の中にあまりにも知られていない。そんな地元のために何かできないか、と。私は震災当時、何もできなかったという気持ちがすごく大きかったので、積極的にやりたいと思いました」

「プロジェクトでは震災の教訓を語り継ぐ子ども向けイベントや防災パンフレットの作成などに協力してきました。飯岡地区は第3波とされる津波が一番大きく、いったん避難したものの、もう大丈夫だろうと海の近くに戻って亡くなった方が大勢います。幼い私が初めてのお遣いをした顔見知りの八百屋さんご夫婦もそうでした。そうした津波の怖さも広く伝えていかないといけません。近く新しい防災パンフをつくるためにクラウドファンディングを立ち上げることも計画しています」

――地元の被害が知られていないことで感じる気持ちは、「どうして東北ばかり注目されるのか」という疑問とは少し違いますよね。

「最も被害の大きかった岩手、宮城、福島の3県が重点的に報道されるのは間違ってないと思います。東北の大変さは、同じような経験をしているから、わかるんです。それでも、旭市の被災者の気持ちが置いてけぼりになっていると感じるんです」

「亡くなった方やその家族、復興住宅で生活している方もいて、その中には私が直接お世話になった人もいる。そういう方々の存在、心の悲しみや苦しみを、ないもの、なかったもののようにされてしまうのが、個人的にもしんどかった。全国に知ってもらいたいというと、地元民のエゴにされちゃうかもしれないけれど、なにか具体的な支援がほしいわけじゃないんです」

ありのまま受け入れてくれる

立山さんは父と同じ歯科医の道をめざしている(立山さん提供)

――進学で地元を離れて、故郷の見え方は変わりましたか。

「すごく自分は守られていたなと感じました。東京に出て、ひとり暮らしをしたいと思っていて、実現したときは『やったー』と思いました。なのに、バイトでまとまった休みが取れると、すぐに実家に帰っていました。それが答えのようなもので、東京にはない安心感があったんです」

「近所のおばあちゃんと会えば、今でも『実弥ちゃん、かわいいねえ』なんて言ってくれて。小さいころから私の良いところも悪いところも知っていて、なんでもありのままを受け入れてくれる。地元のありがたみを感じます」

――進学先では何を学びましたか。

「大学は教育人間科学部心理学科で、卒業研究は災害心理をテーマにしました。医療に関心をもち、卒業後に改めて医学部をめざしたのですが、父が開業している歯科クリニックを少し手伝ったのをきっかけに歯学部に志望を変えました。命を救うというより、よりよく生きることに貢献したいという思いで精神科医になろうと考えていたのですが、一生涯にわたって気持ちよく食べ、話すことにつながる歯医者の仕事も、自分がやりたいことに合致すると気づいたんです」

「それで20年10月に徳島大学歯学部2年に学士編入しました。いずれは旭市に戻って、奥羽大学(福島県郡山市)で歯科医をめざしている弟とも一緒に父のクリニックをもり立てたいと思っています。治療をしながら、子どもたちに旭市っていいなと思ってもらえるようにできたらいいですね」

――旭市らしさ、といえば何でしょうか。

「海かな。それは津波で地元を襲った海でもありますが、旭の象徴でもあって、切っても切り離せません。日の出も夕日もきれい。徳島に行ってびっくりしたのは、海に島がいっぱいあって、これって海なのと思うくらい波が穏やかだったことです。旭には私にとって特別な海があるんだと気づきました」

(聞き手は天野豊文)


学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束
NIKKEI STYLEは日本経済新聞社と日経BPが共同運営しています NIKKEI 日経BPNo reproduction without permission.