スマホガジェット技あり21選 快適な毎日、仕事効率化

日経トレンディ

スマホの使い勝手をぐんと向上させるガジェットの中でも、特に新規性が高いジャンルが、2020年秋に発売のiPhone 12から実装された、磁石によるワイヤレス充電システム「MagSafe」を活用した商品だ。磁力によって、充電器やケース、カード入れをスマホに吸着させて使用できる仕組み。例えばiPhone12にぴったりと貼り付けてワイヤレス充電ができるCIO「MB5000-MAG」は、寝っ転がってスマホを持ち、ストリーミング動画を見ながら同時に充電するといった使い方ができる。

もう一つの注目は、仕事を効率化し、テレワークや巣ごもり生活を便利にするスマホガジェットだ。ノートにスマートペンを使って文字や絵、図表を書くと、すぐにそれがスマホ画面に表示される NeoLAB 「NEO SMARTPEN M1+」や、ケーブル1本つなぐだけで、スマホをPCのように使えるサンワダイレクト「400-ADR325BK」といった製品もある。

スマホはガジェットを「ちょい足し」することでエンタメ機能もアップする。装着することで一眼レフのような操作感で写真撮影ができるmiggo「PICTAR PRO Charge Smartphone Camera Grip」など、カメラや映像関連機能を強化する商品も多様化。スマホにこれまでにない拡張機能を持たせる「スマートホーム」系の商品も多い。スマホが鍵の代わりになる「ビットロックライト」、など。スマートガジェットの進化が生活スタイルそのものを変えていきそうだ。

形状記憶加工で絡まったケーブルが瞬時に元通り

「まとまるUSBType-Cケーブル」(エレコム)実勢価格 1280円(税別、1メートル)

「まとまるUSBType-Cケーブル」(エレコム)は独自の形状記憶加工を採用し、コードを伸ばした後も、簡単に使い終わるとくるくると丸めた状態に戻せるUSB 2.0ケーブル。片付けが簡単でデスク上で使いやすい。持ち運びも楽なのがメリットだ。ケーブルの両端はUSB Type-Aと同Type-C端子のほか、Lightningケーブルや両端がType-Cもある。ケーブル長は1メートルと2メートルの2種類。21年1月発売。

「MagSafe」充電に対応、iPhone 12ならぴったりくっつく

「CIO-MB5000-MAG」(CIO)実勢価格 3608円(税込み)

「CIO-MB5000-MAG」(CIO)は磁石でスマホに吸着させて充電する、iPhone 12シリーズの規格「MagSafe」対応のモバイルバッテリー。有線充電もサポートし、iPhone 12であれば約30分で50%まで回復する。MagSafe非搭載のスマホでも、ワイヤレス充電(Qi)に対応していれば重ねて置くことで充電できる。バッテリー容量は5000mAh(ミリアンペア時)で、スマホを約1回フル充電可能。キックスタンドを立ててその上にスマホを置くこともでき、充電をしながら、動画やウェブを楽しめて便利だ。

磁石が搭載されており、iPhone 12シリーズならぴったりくっつく

メモリーを同時接続、バックアップと充電を同時に行う

「PQI iCube」(PQI)実勢価格 3590円(税込み)

「PQI iCube」(PQI)はスマホにたまった写真や動画のバックアップと充電が同時にできる装置。microSDカードかUSBメモリー(最大2TBまで対応)を装着すると、住所録やスケジュールなどをバックアップでき、スマホの紛失や故障時、機種変更時に備えられる。USB 3.1対応なので、データ転送は高速だ。サイズは47×35×24ミリ、重量21グラムとコンパクトなので持ち運びしやすい。20年3月発売。

置くだけで充電できる大容量モバイルバッテリー

「Anker PowerCore III 10000 Wireless」(アンカージャパン)実勢価格 4990円(税込み)

「Anker PowerCore III 10000 Wireless」(アンカージャパン)は容量が1万mAhと大きく、iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回充電できるモバイルバッテリー。ワイヤレス充電機能もあり、対応するスマホを置くだけで充電がスタート。スマホに装着したケースの厚さが5ミリ以内ならそのまま充電できる。USB Type-Cと同Type-Aポートもあり、有線接続によって出力18Wの急速充電も可能だ。バッテリー本体の充電はUSB Type-Cポート経由。20年12月発売。

ストレスレベルまで管理する最強コスパのヘルスバンド

「Miスマートバンド5」(シャオミ)実勢価格 4490円(税込み)

「Miスマートバンド5」(シャオミ)は腕に装着すると24時間心拍数を測定できる、安価で高機能なスマートバンド。睡眠の質や、ストレスレベルを判定して表示することも可能だ。ヨガ、ランニング、縄跳び、水泳など11種類の「スポーツモード」があり、運動時のカロリー消費量を計測できる。21年1月発売。

手書きのメモやイラストをリアルタイムでデジタル化

「NEO SMARTPEN M1+」(NeoLAB)実勢価格 1万4091円(税別)。ペンには100MBのメモリーが内蔵されており、A4約1000枚分の手書きデータをオフラインで記録できる

「NEO SMARTPEN M1+」(NeoLAB)は紙に手書きした文字や絵がスマホやタブレットにデジタルデータとして保存できる、デジタル筆記具。紙には専用の「Nノート」を使う。ボールペンのペン先に搭載されたマイクロカメラが、Nノートに印刷された独自のコードを判読し、手で書いた文字、図表、イラストなどを瞬時に記録してデジタル化。データは専用アプリ「NEO STUDIO」に表示され、保存したデータに後から書き足すことも可能だ。約90分の充電で約17時間使える。Nノート(445円(税別)~)はメモやスケジュール帳など種類が豊富で、目的別に選べる。20年8月発売。

次のページ
通話品質が高く会議に向く、ノイキャン・完全ワイヤレス
MONO TRENDY連載記事一覧