powered by 大人のレストランガイド

塩がヒットの立役者 沖縄の伝統銘菓「ちんすこう」魅惑のソルトワールド(51)

琉球王朝時代から続く沖縄銘菓「ちんすこう」
琉球王朝時代から続く沖縄銘菓「ちんすこう」

沖縄の伝統銘菓「ちんすこう」をご存じだろうか。沖縄に行った人はもちろん、お土産としてもらったことがある人も多いのではないだろうか。ちんすこうは、砂糖とラードと小麦粉を練って焼き上げたクッキーのような焼き菓子。非常にシンプルだが、今や沖縄土産物ランキング1位の座を守り続ける人気アイテムで、そのバリエーションも星の数ほどある。実はちんすこう人気に火をつけるきっかけが「塩」フレーバーで、家庭でも簡単にできるちんすこうのレシピも合わせて今回はご紹介したい。

「ちんすこう」の名前の由来には2説ある。まずは「ちん=珍」「すこう=おかし」という言葉の組み合わせ。「とても珍しい貴重なお菓子」という意味にちなむ。もう1つは「ちん=金」「すこう=おかし」で、「とても高価なお菓子」という説だ。

琉球王朝時代に中国から伝来したちんすこうは、王侯貴族だけが祝いの席で口にできる宮廷菓子で、庶民がおいそれと口にできるものではなかったという。

当時は今と違い米粉を用い、型に入れて蒸したカステラのようなものだったようだ。その後、王朝料理人から菓子職人へとノウハウが伝授され、1908年創業の沖縄銘菓の老舗「新垣菓子店」が焼き菓子としてのちんすこうを発案したそうだ。

今ではちんすこうを手掛ける製造元が増え、味のバリエーションもプレーンタイプのほか黒糖やマンゴー、紅芋、パイナップルなど沖縄の特産品をイメージさせるフレーバーなど実に多彩になっている。

数あるちんすこうの中でも爆発的ヒットを記録したのが、2005年9月、南風堂(沖縄県糸満市)が発売した「雪塩ちんすこう」。その当時、市場には多くのちんすこうが出回っていたが、リピーターがなかなか誕生しないという課題を抱えていた。ラード特有の脂っこさや、口当たりの重さ、食べるとボロボロと崩れ落ち、手や服が汚れてしまう。消費者の間にそんな不満の声がくすぶっていたからだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド