4気筒復活 「Ninja ZX-25R」でカワサキがシェア倍増

日経クロストレンド

カワサキモータースジャパン「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」
カワサキモータースジャパン「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」
日経クロストレンド

川崎重工業(カワサキ)が2020年9月に発売したスーパースポーツバイク「Ninja ZX-25R」が、約4カ月で年間販売目標を超える5400台を受注し、同社の軽二輪シェアを倍増させた。13年ぶりに「250cc・4気筒エンジン」を開発し、大型バイク向けの機能を惜しみなく注ぎ込む高級路線で、シニア層と若者の両方を捉えた。その開発戦略を聞いた。

走行性能を重視した硬派なデザインのオートバイを多数ラインアップすることで、かつては「男カワサキ」と言われた川崎重工業。国内二輪車市場では、ホンダ、ヤマハ発動機、スズキに次ぐシェア4位が指定席だったが、「Ninja ZX-25R」(国内販売はカワサキモータースジャパン)が軽二輪(126~250cc)としては異次元の売れ行きを見せている。

1980年代のバイクブームが過ぎてから二輪車市場は縮小し続けていたが、排気量51cc以上の二輪車は、2010年以降は横ばいか緩やかに回復しているといえる。特に、車検が不要で維持費が比較的安いのに高速道路を走行できる軽二輪は人気で、20年1~12月の新車販売台数は前年比127.5%と伸長した。

しかし、それでも軽二輪の国内市場規模は年間6万~7万台で、年間2000~3000台売れればヒット商品といわれる世界。そこでNinja ZX-25Rは、発売後約3カ月で5400台を受注するという快挙をなし遂げた。しかも価格が82万5000円(税込み)からと、60万円前後が一般的な250ccクラスでは高額にもかかわらず好調なのだ。これにより、カワサキの20年9~12月の軽二輪シェアは14.2%と、前年同期の7.6%から2倍近く伸びている。

(注)「5400台」は、全国の販売店が21年3月末までの需要を見込んで発注した台数の総計で、20年12月までに納車した台数とは異なる。軽二輪のメーカー別シェアは「軽二輪車新車販売台数確報」(全国軽自動車協会連合会)を基にした日経トレンディ編集部調べ。

Ninja ZX-25Rは、サーキット走行なども視野に入れて走行性能を高めた「スーパースポーツ」というジャンルのオートバイになる。その最大の特徴はエンジンだ。250ccクラスのバイクでは13年ぶりとなる「4気筒」のエンジンを新開発した。通常のエンジン(レシプロエンジン)は、シリンダー(気筒)の中で燃料を燃焼させ、その圧力でピストンを動かして動力を得る。この気筒を4つ並べたのが4気筒エンジンだ。

Ninja ZX-25Rのために開発された4気筒エンジン(写真左)とその構造(図右)

エンジンの総排気量が同じ場合、気筒数が増えると高回転時の出力が増し、最高速度が上げやすくなる。また、振動が減るので乗り心地が良くなり、爽快で甲高いエンジン音も楽しめる。このため80~90年代には、ホンダ「CBR250RR」、ヤマハ発動機「FZR250R」、スズキ「GSX-R250R」、カワサキ「ZXR250」など、250ccクラスの4気筒バイク(以下250cc・4気筒)が数多く登場。いずれもレース用のバイクをイメージしたフルカウル(空気抵抗を減らすカバーのこと)を装備する「レーサーレプリカ」の製品で、当時の二輪業界ではブームを巻き起こした。また、レーサーレプリカブームが一段落した後も、カウルのない一般的なオートバイ(ネイキッドバイク)として、250cc・4気筒は一定の人気があった。

しかし、高回転・高出力を目的とした4気筒のエンジンは、排ガス対策がより困難となる。このため、06年に軽二輪と原付一種の排出ガス規制が強化(平成17年排出ガス基準)された後、07年に250cc・4気筒はすべて姿を消した。「当時の技術でも排ガス浄化装置にコストをかければ規制に対応できたが、バイク入門者が多く購入する250ccクラスとしては高額になってしまう。それでは十分な販売台数を確保できないと考えた」(川崎重工業)。

同社初の250cc・4気筒として1989年に発売されたカワサキ「ZXR250」(写真左)と、2007年に販売終了した「バリオスII」
次のページ
復活のカギは世界第3位のインドネシア市場
MONO TRENDY連載記事一覧