トークは準備し過ぎないほうが面白くなる(井上芳雄)第87回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。今年に入ってMCや司会の仕事が増えました。1月26日にはミュージカル&舞台の情報番組『プリンスロード』(CSテレ朝チャンネル)のスペシャルライブ生中継で、ジャングルポケットの斉藤慎二さんの代役として司会を、2月2日に放送されたバラエティー番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ)ではスペシャルMCを務めました。4月からは『はやウタ』(NHK)で地上波初の歌番組レギュラー司会が始まります。トークはどう転んでいくか分からないことの連続。アドリブの面白さを毎回感じています。

1月26日に開催・生中継された『プリンスロードVol.7 ~生歌スペシャルライブ~』(CSテレ朝チャンネル)で、斉藤慎二(ジャングルポケット)の代役として司会を務めた井上芳雄

1月26日の『プリンスロードVol.7 ~生歌スペシャルライブ~』は同番組初のライブイベント。会場のめぐろパーシモンホールに無観客で、18時から3時間の生中継をしました。司会の予定だった斉藤さんが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出て、自宅待機となったため、本番2日前に連絡をいただき、急きょ代役として出ることになりました。斉藤さんとは、僕のコンサートにゲストで出ていただくなど親しいつきあいです。症状はなく元気だったそうで、本人も驚いていました。つらかったでしょうけど、電話で「僕が代わりにできることは精いっぱいやります。ギャグもいっぱい使わせてもらいますね」と話して、「ありがとう」と喜んでくれていたので、役に立ててよかったという思いです。コロナ禍ではお互い何が起こるか分からないし、助け合ったり、支え合うしかないなとあらためて思いました。

『プリンスロード』には僕もゲストで出たことがあるし、今回ライブに出たミュージカル俳優の新納慎也さん、浦井健治君、伊礼彼方君、佐藤隆紀(LE VELVETS)君は、みんなよく知っているので、司会もやりやすかったです。最後にみんなで歌う『レ・ミゼラブル』の一節だけ、もともと斉藤さんが歌う予定だったので僕も歌ったのですが、それ以外はトークに専念。女優の小南満佑子さんも司会でいらっしゃったので、僕は多少の脱線もありながら(笑)、盛り上げ役に徹しました。

出演者自身が選んだミュージカルソングを中心に、ソロありコラボありと選曲も工夫されていて、それぞれのミニコンサートみたいで聴き応えがありました。歌い上げる曲が多いので、司会として客観的に見ていて、ミュージカル俳優ってすごいなと感心しました。

トークは三者三様で面白かったです。先輩の新納さんは、僕が初めて舞台に出たころから知っているのですが、最近トークで絡むことがなかったので、懐かしさとうれしさが半々でした。ほかの3人は後輩です。浦井君はいつもいいボケをしてくれるので、僕はどんどんツッコんでいく役割。伊礼君はキャラクターがまた違って、貫禄があるというか、どっしりしていて、「何言っているんですか、芳雄さん」とちゃんとツッコんでくれる。なので、僕はボケる側に。自分はツッコミが得意だと思っていたけど、頑張ればボケもできるようになったかも、というのは発見でした。司会のときは、どっちもできた方がいいですから。佐藤君は、普段みんなからシュガーと呼ばれているので、下の名前がとっさに出てこなくて、司会者としてはまずかったのですが、それをネタにさせてもらって、次から下の名前で呼び続けました。その瞬間に生まれたネタを使うのも、楽しかったですね。

スタッフの方も工夫してくださって、「芳雄の部屋」というコーナーを急きょつくってくれました。視聴者からの質問に、ゲストの人たちが答えるという企画です。「毎回決まってする習慣(ルーティン)はありますか」という質問がいくつかありました。僕も普段よく聞かれます。きっと舞台は1カ月とか2カ月同じことを続けるから、何か決まり事があって、それに支えられてやっているに違いないと、思われるのでしょう。でも意外と、細かな決まり事にこだわる人って、ミュージカル界では少ないように思います。新納さんも「とくにないですよ」と答えてました。皆さんが思っているほど、僕たちは規則正しく動く人種ではないようです(笑)。

ちなみに僕が司会をやるときのルーティンは、質問をいくつか余分に考えておくこと。たいてい台本があって、流れや聞くことは決まっているのですが、プラスして自分が聞きたいことを2つ、3つ書いておきます。時間より早く終わって、まだ聞けるとなったときに慌てないように。だいたいは逆にしゃべりすぎて、そのネタを使うことはないのですが、用意しておいたほうが安心なので。『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演したとき、黒柳徹子さんが自分の質問を台本に書かれているのを見て、僕もそうするようにしています。

一方で、トークは準備し過ぎないことも大事だと思うので、そのバランスですね。最低限の情報や知識は必要ですが、あらかじめ全部決めてしまうと、誰がしゃべってもよくなります。歌やお芝居はしっかり稽古してから人前に出すものだから、準備がすごく大事ですが、司会は逆にあまり準備しないほうが、その場で生まれたものをキャッチできて、その人らしさが出るように思います。トークはどう転んでいくか分からないことの連続で、そこが司会をしていて面白いところ。もちろん、集中力はすごく必要です。相手が言ったことをちゃんと聞いて、的確にリアクションをして初めて、話が思わぬ方向に転がっていきます。阿川佐和子さんのトーク術がまさにそう。『サワコの朝』(MBS/TBS)に出たとき、その場の流れでトークを進められていたのがすごくすてきでした。僕もそうありたいですね。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
「ミュージカル風に」が得意なわけではないけれど
エンタメ!連載記事一覧