投信選びは3ステップで まず「アラカルトorコース」未来の私を変える投資レッスン(6)

【登場人物】
■田丸磨音(たまる・まね)
メーカー勤務5年目の27歳。独身。藤士のレッスンで資産運用の大切さを知り、証券口座を開設した投資初心者。趣味はヨガ。
■里中藤士(さとなか・とうし)
証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー。35歳。最近、男性・女性ともに若い世代から資産運用に関する相談が増えている。趣味は家庭菜園。

前回:投資は「違う値動き」を組み合わせる 株式+債券+…

◇ ◇ ◇

藤士:前回はリスクの許容度と資産の分散効果についてのレッスンでした。今回は投資信託の選び方についてお話していきましょう。ところで、アセットアロケーション、つまり資産配分の割合は前回決まりましたよね?

磨音:はい! 目的が老後資金の運用分は、半分の割合を株式での運用にする予定です。

藤士:次は、そのアセットアロケーションに合った投信商品を選んでいく段階です。

磨音:でも、証券会社のホームページを見ると、投信ってとてもたくさんあって……。洋服なら「選びがいある!」って盛り上がるところですが、投信はどうしていいかわからず、そっとページを閉じてしまいました……。

藤士:無理もありません。私たちが購入できる投信は5913銘柄(※)。各証券会社で取り扱う銘柄数は異なるものの、インターネット専業の証券会社などでは、2000銘柄以上を取り扱っているところもありますから。

磨音:そんなに!? 全部に目を通していたら、いつまで経っても投資を始められる気がしません。選ぶコツを教えてください!