powered by 大人のレストランガイド

三国シェフが動画レシピ投稿 連日アップに込める思い

昨年5月以降、連日「ユーチューブ」に動画レシピをアップする三国シェフ
昨年5月以降、連日「ユーチューブ」に動画レシピをアップする三国シェフ

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言で、飲食店の多くが時短営業などを余儀なくされている。そんな中、有名店の料理人が投稿する動画が話題を呼んでいる。東京・四ツ谷の高級フランス料理レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ、三国清三さんもその一人。スーパーで調達できる身近な食材を用い、短時間で一流の味に仕上げるレシピ動画を昨年5月以降、連日動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップしている。仕事の合間をぬって取り組む動画投稿に込める思いとはーー。

ユーチューブ動画のチャンネル名は「オテル・ドゥ・ミクニ」。15分から20分程度で視聴できるものが中心だ。昨年5月以降、投稿を続け、今年2月中旬時点で270回を突破。今なお新しいレシピ動画のアップを続けている。チャンネル登録者数は12万人を突破し、なお右肩上がりだ。

動画投稿のきっかけは、昨年4月から5月にかけての緊急事態宣言。その間、レストランを休業したため時間的余裕が生まれた。だが、それ以上に「コロナ禍で在宅で仕事をする人が増え、朝昼晩3度の献立作りに頭を痛める奥様方の存在に思いをはせたことも大きかった」(三国シェフ)。

三国シェフは20代の一時期、スイス・ジュネーブの日本大使館(軍縮会議日本政府代表部)の料理長として、大使夫妻の3度の食事を3年8カ月作り続けた経験がある。毎日の献立をどうするかや、バリエーションを持たせるのに随分と苦労したのを思い出す。だからこそ「一助になれば」という思いが強い。同時に「巣ごもりで、男性の間で料理作りに挑戦する人が増えた」ことも背中を押した。

レシピのメニューは「これなら自分でも作れそう」と思ってもらえるシンプルなものや、安くて旬な食材を用いたものが中心で、チャレンジ心をくすぐる。

「肉」や「魚介」「野菜」や「たまご」を使った料理のほか、「パスタ・麺」や「デザート」など幅広い。中には三国シェフのふるさと、北海道の居酒屋の裏メニュー「じゃがいものピュレ道産子風」なるものもある。ゆでたジャガイモとイカの塩辛などを用いた簡単レシピだが、基本はフランス料理をベースにしている。

スタッフが近所のスーパーに買い出しに行き、ランチ営業終了後、ディナー営業に入るまでのアイドルタイムを利用し週2~3回、まとめ撮りしている。シェフがコツを話しながら調理し、それをスタッフが一人で撮影し、編集している。まさに手作り感いっぱい。

再生回数が数十万回に上るものも。「じゃがいものガレット」もその一つ。フランスで人気の家庭料理で、材料はジャガイモ(メークイン)と塩、コショウ、無塩バター。あとはガレットの上にかけるソース用に、ブルーチーズと生クリームを使う。

スライサーで千切りにしたジャガイモを、塩、コショウで味付けし、フライパンでこんがりと焼き上げる。最後につぶしたブルーチーズと生クリームをまぜたソースをかけて出来上がり。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド