飲食・かけ声・歓談なし 対コロナ完璧パーティー目撃立川談笑

新真打ちの桂宮治師匠(右から3人目)を囲み、三遊亭円楽師匠の音頭で「エア乾杯」(2021年2月7日、東京都内)=橘蓮二撮影

さる2月7日、にぎやかな催しに参加してきました。「桂宮治真打ち昇進披露」のパーティーです。宮治さんは落語芸術協会としては現会長の春風亭昇太師匠以来29年ぶりの抜擢(ばってき)真打ち。未来の落語界を爆笑とともに背負って立つこと間違いなしという逸材の、真打ち昇進をお披露目するお祝いの席です。

異例ずくめの「桂宮治真打ち昇進披露」

新宿にあるホテルの広いパーティールームはお祝いの花で満ちあふれ、ごひいき筋から贈られた数々ののぼりや幕が錦に彩られて四方の壁を華やかに覆いつくしていました。集まったのは東西問わずの落語家、芸人をはじめ、業界関係者や新真打ちを応援するお客様たちで総勢550人。ところがこの会は異例ずくめでした。そう、このとき都内は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言真っただ中だったのです。

思い切って開催するか、それとも無難に延期や中止にするか。宮治さん本人も相当悩んだことでしょう。

さてここで立ち止まって、1年前を振り返ってみます。日本国内で感染が拡大し始めた頃。新型コロナウイルスという新たな脅威の正体がまだまだ分からない上に、具体的な感染症対策について私たちは今ほど深くは理解できていませんでした。また、社会活動の急な変化を迫られることによってどこにどんな影響が及ぶのか。さらにはその影響をどう取り扱えばよいのか。すべてが手探りともいえるありさまでした。

そんな2020年春、都内のホテルで真打ち昇進披露パーティーが予定されていました。そこで新真打ちとして大々的にお披露目されるのは、志の輔一門の3番弟子、立川志の春さん。エール大学卒業から三井物産という「超」レベルの経歴を振りすてて落語家の道を志し、いよいよ真打ち昇進というタイミングでした。晴れがましいステージが目前に迫ったところへ、降ってわいたのが新型コロナです。彼が選んだ結論は、中止でした。

さあパーティーが中止となると、あてにしていたご祝儀が入らない。それどころか宴会場のキャンセル料数百万円をホテル側に提示された。まさに地獄です。その後キャンセル料は緊急事態宣言を受けて「ホテル側都合」として支払わずに済んだそうですが、それでももろもろの損害は莫大だったとか。また経済面とは別に、披露目という大きな宣伝の機会を失うし、何よりも、応援してくれる大勢の人たちのことが気にかかったことでしょう。

さらに加えて翌月に予定していた昇進披露の落語会は、2カ月延期してその後中止に。大きなホールでチケットが完売だったのに中止の判断をするとは、本人のつらさは想像もつきません。

おっと、ここで立川志の春師匠の話を出してるのは明らかに宣伝のつもりです。新進気鋭の落語家として評価が高い彼の存在を、まだご存じない方もいらっしゃいますよね。大々的なお披露目ができなかった分、微力ながらの宣伝活動です。今からでもまずは知って、よかったらどうぞ応援してあげてください。落語は古典、新作、英語、シェークスピア、人物伝とジャンルも幅広く、ユーチューブその他で才能をいかんなくアピールしています。ホントにお願いしますよ。大変なんすから、もう。

あれから1年がたち、「マスク着用」「手指消毒」「3つの密を避ける」などに始まった感染拡大を防ぐ具体的な方策は、詳細かつ明確になってきました。対策が明確になることは、「ここまでは大丈夫」という安全ラインが確保されることでもあります。

そして今回の桂宮治真打ち昇進披露パーティーは、みごとなまでに感染拡大防止策を徹底していました。

次のページ
落語会やコンサート、なぜ8時まで?
エンタメ!連載記事一覧