「THE FIRST TAKE」曲の集録は一発撮り、緊張感が魅力

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

LiSAの『紅蓮華』9017万回、DISH//北村匠海の『猫』8044万回―― 様々なアーティストたちの一発撮りの歌唱動画で、人気を集めるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」(以下、TFT)。2019年11月の開設以来、99本の動画がアップされ、総再生数は6億2000万回を突破、登録者数は292万人にのぼる(20年12月16日時点)。

一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルの「THE FIRST TAKE」。スタジオ内にはアーティスト以外は誰も入れず、複数の定点カメラで撮影することで、より自分の世界に入り込みやすい空間作りを行っている

昨年はTFT発の大ヒット曲も生まれた。20年6月にアップされた前述の『猫』は、18年発売の楽曲にもかかわらず、ビルボードの「年間ストリーミングチャート」20位に入り、作品を原案にした連続ドラマも11月から放送された。

今やヒット曲の新たな震源地となったTFTだが、このチャンネルが生まれた背景には、近年の日本の音楽シーンの変化が影響している。TFTの運営スタッフは、「海外の流れを受け、音楽を聴く手段が、Apple Music、Spotify、LINE MUSICなどの音楽ストリーミングサービスに移行するなか、地上波にはない音楽コンテンツをYouTubeで作りたかった」と明かす。

そこで、企画・クリエイティブディレクターとして、数々の世界的な広告賞を獲得する、清水恵介氏を起用。共にプランを練っていくなかで生まれたのが、“一発撮りで音楽と向き合う”というコンセプトだ。清水氏は、「音楽に最も集中して向き合える場所を作り、そこでアーティストの今という瞬間を切り取ることができれば、かつてない没入感のある映像を視聴者に届けられると思った」と語る。

TFTでは、“音”と“映像”に相当のこだわりを見せる。まず音質では、ボーカル用のマイクに、レコーディングで使われるコンデンサーマイクを使用。ブレスの1つひとつから、服がこすれる音まで拾える超高音質で録音する。さらにボーカルが立つ音像設計にし、目の前で歌っているかのような臨場感を生み出している。

映像は、解像度の高い4Kのカメラで撮影。しかも音楽に集中できるよう、背景は白バックにし、マイクのコードなども可能な限り目につかない配置にする。

動画の構成のこだわりとして、「僕らは基本、演出はしません。定点カメラが置かれた無人のスタジオにアーティストが入るところから撮影し続けていて。彼らがパフォーマンスの前にストレッチをしたり、発声練習をするといった、各自のルーティンも収録することで、視聴者がより感情移入しやすいようにしています」(清水氏)。

自粛期間に登録者が急増

転機を迎えたのは、昨年春の緊急事態宣言後のタイミング。4月から夏にかけて一気に登録者数が100万人以上増えたそうだ。「ストリーミングチャート上位に入ってきたYOASOBIをはじめ、優里、Rin音などのフレッシュなアーティストが出演してくださり、話題となりました。緊急自体宣言下も、新しいコンテンツを絶え間なく生み出し続けていたことが大きかったと思います」(TFT運営スタッフ)。

さらに3密を防ぐため、TFT内に『THE HOME TAKE』という新たなブランドを立ち上げ、アーティストの家や自宅スタジオに機材一式を送り、歌ってもらう取り組みも行っていたそうだ。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
新人発掘オーディションも
エンタメ!連載記事一覧