永遠のあこがれ、光枝明彦さんからの言葉(井上芳雄)第86回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。日本のミュージカル創生期から活躍されてきた先輩方をお迎えしてお話をうかがう『レジェンド・オブ・ミュージカル inクリエ』の第6回を1月21日に催しました。今回のレジェンド光枝明彦さんは、僕が個人的にずっとあこがれて、お手本にさせてもらっている方。「ミュージカルとともに生きる」という言葉は、光枝さんの生き方そのものであり、僕の希望ともなりました。

1月21日にシアタークリエで開催された『レジェンド・オブ・ミュージカル in クリエ Vol.6』。左から井上芳雄、光枝明彦(写真提供/東宝演劇部)

光枝さんは1937年東京生まれ。俳優座養成所を卒業後、劇団青年座に入り、その後、劇団四季に入団されて30年あまり在籍。『ジーザス・クライスト=スーパースター』『キャッツ』『アスペクツ・オブ・ラブ』『ウェストサイド物語』『美女と野獣』などの海外ミュージカルから、『夢から醒めた夢』『ミュージカル李香蘭』といった劇団四季のオリジナルミュージカルにも出演されています。2005年に劇団四季を退団された後も数々のミュージカルに出演。東宝の作品では『ラ・マンチャの男』『裸のカルメン』、『シラノ』(ホリプロ共催)、『ハムレット』『グレイ・ガーデンズ』などに出られています。

僕は、子どものときに劇団四季の『キャッツ』を見て感動して、ミュージカル俳優になりたいと思いました。そのころから光枝さんは、劇団四季を代表する俳優として活躍されていたので、あこがれの人。『レジェンド~』に出ていただきたいとずっと思っていたのが実現して、1人のファンとしてもうれしい限りでした。光枝さんは劇団四季の人ではあったけど、劇団の色や個性には染まっていないイメージでした。二枚目の役もやれば、コミカルな役もやるし、芸の幅が広くて自在。それでいて歌も一流というのは、僕が理想とするミュージカル俳優の形なので、尊敬して目標にしてきたのです。

でも、光枝さんがどうやって、そうなれたのかは知りませんでした。ご挨拶はしていましたが、一緒に舞台に立ったことも、歌ったこともなく、ちゃんと話したのは今回が初めてです。劇団に長くいたこともあって、インタビュー記事などは少なく、世間の人も経歴を詳しく知らないと思います。僕もそうだったので、光枝さんの歩みと人柄を深く知りたいと思って、お迎えした回でもありました。

経歴をうかがって、僕が驚いたのは、「最初からミュージカルをやりたかった」とおっしゃったこと。芸の幅が広いし、世代的にも、新劇を目指してお芝居をやっているうちにミュージカルと出合い、この世界に入られたのだろうと想像していたら、そうではなかった。『ブリガドーン』といった米国映画を見てミュージカルにあこがれ、舞台をやれるところはないか探しながら劇団四季にたどり着いたそうです。その前に、初期の東宝ミュージカルにも出ています。自分があこがれた光枝さんは、最初からミュージカルがやりたかったのだと知って、せんえつながら、僕と同じだと思ってすごくうれしかったですね。

新しいことにチャレンジし続ける姿勢もすてきでした。「僕の役者人生の命題は、どうやったら人より目立つか。ほかの人と違うところを、何か見つけること。常にひと工夫だったり、もう1アイデアを考えている」と。そこもせんえつながら、僕もそうありたいので、光枝さんが80代の今も変わらぬ姿勢を貫いているのは素晴らしいと思いました。

光枝さんは、後輩の俳優たちからとても慕われています。劇団四季出身の方や舞台でご一緒された方からは「お父さん」と呼ばれ、後輩からも「おみつ」と呼ばれています。そんな人柄も、お会いしてよく分かりました。素晴らしい経歴でありながら、人を圧倒したり、緊張させたりする雰囲気が全くないのです。これまでのレジェンドの方々とたたずまいが全然違うのに驚きました。劇団に長くいて、そこでの自分の役割を果たしてきた方だからなのかもしれません。それでいて、ミュージカルへの情熱や芸事への執念は、ほかのレジェンドと同じように熱いものを持ってらっしゃる。ただ、醸し出す人としての空気が全然違う類いだったから、びっくりしました。あらためてすてきだと思ったし、自分も何十年後かにそうあれたならいいなと願いました。

注目記事
次のページ
ミュージカルは天が授けてくれた夢の産物