powered by 大人のレストランガイド

■ココ・ファーム・ワイナリー プティ・マンサン 2018(税抜き3700円)

プティ・マンサンはフランスなどで使われる白ブドウ。「りんご、かりん、黄桃、パイナップルに加え、発酵バター、クリーム、蜂蜜やドライアプリコットの香りがする。凝縮感のある果実味、きれいに伸びる豊かな酸とほんのり感じる心地良い甘みのバランスが絶妙」

最後はIMADEYA(https://www.imaday.jp/)。日本酒のラインアップが充実しているが、日本ワインも実店舗に生産者を招いて試飲会を開くなど力を入れている。

■平川ワイナリー【IMADEYA限定ワイン】サンパ オリジナル ブラン 2019(税抜き5840円)

2015年に北海道余市町にオープンした新興ワイナリーの白ワイン。凛(りん)とした酸が特徴のケルナーとアロマティック品種のゲヴュルツトラミネールのブレンド。「白桃やアンズ、花の蜜を連想させるような味わい深い果実味を持った、濃密感、凝縮感に優れたワイン」

味わい深い果実味を持つ平川ワイナリーの【IMADEYA限定ワイン】サンパ オリジナル ブラン 2019

■都農ワイン キャンブルスコ・ロゼ ペティアン 2019(税抜き2130円)

宮崎県のワイナリーがキャンベル・アーリー種から造る辛口の微発泡ロゼワイン。「低アルコール(8%)で、フルーティーな香りとプチプチとした泡が特徴。リピーターがとても多い」

■勝沼醸造 アルガーノ モンテ 赤 2018(税抜き3000円)

山梨県甲府盆地の北西に位置する丘陵地帯で育ったマスカット・ベーリーAを発酵後、フレンチオークの樽(たる)で熟成させた辛口赤ワイン。「ベリー系の香りと豊かな果実味に加え、ほのかなタンニン(渋み)が、優しい味わいの料理に寄り添う」

今回、紹介したワイン以外にも各ショップおすすめの日本ワインはたくさんある。おいしい日本ワインを飲みながら東京五輪・パラリンピックを観戦すれば、きっと応援にも一段と熱が入ることだろう。

(ライター 猪瀬聖)


メールマガジン登録
大人のレストランガイド