キッチンの充実度で選ぶ不動産 クックパッドが新指標

日経クロストレンド

クックパッドJapan執行役員 たのしいキッチン事業部の渡部一紀氏(右)とNOSIGNERの太刀川英輔氏(左)(写真 丸毛透)
クックパッドJapan執行役員 たのしいキッチン事業部の渡部一紀氏(右)とNOSIGNERの太刀川英輔氏(左)(写真 丸毛透)
日経クロストレンド

クックパッドは、住宅のキッチン環境の向上を狙った「たのしいキッチン」事業を推進。2020年2月、不動産物件をキッチンの使いやすさで評価して掲載するサイトを開設した。同事業を発案した執行役員の渡部一紀氏と、NOSIGNERの太刀川英輔氏に、背景や今後の方向などを聞いた。

――料理レシピの情報サービスなどで知られるクックパッドは、デザインオフィスのNOSIGNER(横浜市)の太刀川英輔氏と組んだり、不動産物件の情報サービスなどを手掛けるグッドルーム(東京・渋谷)と提携したりすることで、理想のキッチンが見つかる不動産情報サイトを掲げた「たのしいキッチン不動産」を立ち上げています。なぜ、クックパッドが不動産の分野にまで手を広げたのでしょうか。

不動産情報サイト「たのしいキッチン不動産」の画面。キッチンの充実度を「KiT」で表現し、キッチンの使いやすさが分かりやすい。グッドルームと共同運営。住宅のリノベーション事業も展開している

渡部 当社は1998年から料理レシピを投稿・検索できるサービスを運営して成長してきた会社です。そんな中、近年では「毎日の料理を楽しみにする」という視点から新規事業も推進しており、生鮮食品EC「クックパッドマート」なども始めています。そして、料理レシピや食材の次に、料理を実際に体験できる場として、キッチンの存在に注目したのです。

私自身の体験ですが、以前はキッチンが狭い家に住んでいたため、自宅で料理を楽しもうという気が起こりませんでしたが、引っ越しをしてキッチンが広い家に住むようになると、料理をしたくなったのです。このことから、キッチンには大きな魅力があると感じました。そうした課題感を、事業としてどう具現化すべきかを検討するに当たって、以前から交流があった太刀川さんに声を掛けました。

パートナーにデザインオフィスを選んだワケ

――新規事業を考えるために、市場調査会社や経営コンサルティング会社ではなく、なぜデザインオフィスのNOSIGNERを選んだのでしょうか。

渡部 当初は料理とキッチンや住宅の関係について、漠然とした考えしかありませんでした。だから、お願いしたのはコンセプトを一緒に練り上げる段階でした。新しい市場を開拓するため、どんな文脈で進めればいいのかを、デザインの視点から考えてもらいたかったのです。一般的なビジネスモデルでもなく、プロダクトのデザインでもないので、普通の市場調査会社や経営コンサルティング会社、デザイン会社でもないところに依頼したのです。

太刀川 私の役割は、コンセプトを考えることでした。話し始めは「料理を楽しむためのキッチンをはやらせたい」というぼんやりとした方向でしたが、議論を重ねるうちにキッチンを不動産の新たな価値として提案するための単位をデザインできないかというアイデアが出てきました。これまでの不動産の価値は、駅に近いとか部屋が広いということで決まっており、キッチンの使いやすさといった点は、それほど注目されてこなかったのではないでしょうか。

そこで一般ユーザーに、アンケート調査をしました。結果、不動産の物件を選ぶ際の目安となる「駅までの距離」「家賃」「リビングの広さ」に対し、「それぞれの項目を妥協しても充実したキッチンがある物件を選ぶ」と答えた方が半数を超えたのです。不動産の物件探しにおいて、キッチンを重視するニーズが見えてきました。

事前に調査したアンケートの結果、キッチンの使いやすさを不動産の物件を選択するときに重視する人たちが、過半数いることが分かった(クックパッドの資料より)

太刀川 ただ距離や家賃、広さといった項目は数値化できても、キッチンの使いやすさを表現する明確な基準は、不動産会社などにもありませんでした。ならばクックパッドがそれを提供してはどうかと「KiT」と呼ぶ独自の単位をつくりました。例えば、「コンロの台数」「魚焼きグリル付き」「大型冷蔵庫対応」「調理スペースの広さ」「シンクの広さ」「収納の広さ」といった項目から総合的に算出して、「このキッチンは60KiTある」とか「80KiTだから、より使いやすい」などと客観的に比較できるようにしました。

渡部 駅から徒歩で何分という物件自体の基準はありますが、キッチンという住宅設備にも基準をつくる。これは非常に面白いと思いました。「たのしいキッチン不動産」では、従来の不動産情報サイトでは検索できなかったキッチンの設備から物件を探せます。これまでの成約実績を見ると、いいキッチンを備えている物件のほうが、注目度が高いようです。

太刀川 キッチンの使いやすさが、物件に大きな影響を与えることを証明したいですね。料理分野で影響力のあるクックパッドがつくった単位ですから、KiTは他の不動産情報サービスやキッチンメーカー、住宅開発などさまざまな領域に広がっていく可能性があります。

渡部 当面は、KiTという単位を普及させていくことが目標です。物件におけるキッチンの優先順位を上げることがもっとできれば、キッチンの環境改善にもつながり、料理を楽しむ人がもっと増えるでしょう。サイトには、KiTで評価した約260件(2020年11月末時点)の物件が掲載されていますが、利用状況を見ながらさらに拡大を目指していきます。

(日経クロストレンド 大山繁樹)

[日経クロストレンド 2021年1月27日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧