心電図アプリ/不規則な心拍の通知機能の使い方

心電図アプリの使い方を紹介する。まずApple Watchで心電図アプリを起動する。続いて本体側面のDigital Crownに軽く指を添えた状態で静かに腕を動かさず30秒間計測する。

Apple Watch側面のDigital Crownに指を添えて30秒間の心電図計測を行う。心拍を再現したビジュアルエフェクトがスタイリッシュだ

結果は心拍リズムが正常であることを示す「洞調律」のほかに「心房細動」と「高心拍数または低心拍数」だった場合にこれをApple Watchの画面に表示して、同時にiOSのヘルスケアアプリにPDFファイルとして出力もできるよう記録を残す。

「判定不能」も含めて結果は4つのステータスに分類。Apple Watchに結果を表示し、iPhoneにも同時に結果が表示されてデータを記録する

不規則な心拍の通知は、iOSのヘルスケアアプリに並ぶメニューにアクセスして「通知をオン」に切り替える。設定はこれだけで、非常にシンプルだ。計測はバックグラウンドで行われ、心房細動の可能性がある不規則な心拍が続けて検知された場合に、Apple Watchに結果を表示。iPhoneにも同時に結果が表示されてデータを記録する。

不規則な心拍の通知機能もヘルスケアアプリから設定をオンに切り替えて使う

何事もない健康な状態のときには通知が発生しないため、正しく計測が行われているか心配になるかもしれない。ヘルスケアアプリの機能ページを確認すると通知機能がオンの状態であることや、直近で計測と解析が実行された日時も表示されている。

心房細動の兆候が検知されるとアラートが表示される
機能が正しく働いているかヘルスケアアプリの画面で確認できる
次のページ
在宅ワークにも役立つApple Watchの機能に再注目
MONO TRENDY連載記事一覧