powered by 大人のレストランガイド

焼き肉ロースターで焼くのは大トロ 築地場外の異色店

「焼うお いし川」。2階は、グループのすし店「築地青空三代目 別邸」
「焼うお いし川」。2階は、グループのすし店「築地青空三代目 別邸」

「肉のない焼肉店」があると聞いた。「なんだそりゃ?」と思いながら調べると、人気すし店が店で扱う新鮮な魚介類を焼き肉のように焼いて提供する店のようだ。値段は少し高そうだが、行かない手はない。

店名は「焼うお いし川」。

訪店したのは、日曜日の17時半。開店直後だ。実は平日に予約を入れたが、満席と言われ、日曜日になった。店がある築地場外はインバウンド需要が消滅してしまったため、夕方までには店じまいしているところが多く、周囲はまっ暗だったが、「いし川」は明かりが煌々(こうこう)と付き、予約客らしき、女性の2人組がすでに開店を待っていた(平日の夜は休業中)。

店は、1階にある。焼肉店というより、少し高級な和食店という雰囲気。店に入ると店内は比較的小ぶりだが、仕切りで囲われた個室感ある席が中心。だが、テーブルには焼き肉用のロースターが置いてあり、その上に天井から降りている吸煙ダクトが見える。「ここは何屋だっけ」と一瞬クラっとする。

大トロを焼き肉のロースターで焼くカルビメニューは店頭のPOPでもPR

「いし川」は2018年のオープン。すし店「築地青空三代目」などの高級すし店を経営する築地青空という企業が新業態として作り出した。天然のミナミマグロを扱っていることが自慢だ。

「焼うお」というスタイルは確かにユニークだ。大トロを焼き肉のロースターで焼く。天然本マグロを使った厚切りは「極厚最強カルビ」、薄めに切ったものは「特上カルビ」と呼ぶ。中トロが「上カルビ」。「極厚最強カルビ」は1枚900円(税別・以下同)で、4枚3600円。「上カルビ」1枚700円で4枚2800円。そしてうれしいのが、1枚ずつから注文できることだ。

左が大トロの「極厚最強カルビ」(1枚900円)、右が中トロの「上カルビ」(1枚700円)

厚切りの「極厚最強カルビ」、薄切りの「上カルビ」を2枚ずつ頼んだ。考えてみたら、大トロを焼くなどという「禁断」の行為は初めての体験だ。「炙(あぶ)る」という調理法は回転すし店でも、ひとつのカテゴリーとして存在するほど一般化したが、「焼く」はほとんど見かけない。新しい体験に何かワクワクしてくる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド