邪魔しちゃった? 誤解しやすいbotherもう一つの意味デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(85)bother

2021/2/4

ビジネス英語・今日の一場面

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「邪魔をする」という意味の bother を使った表現をご紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

ニューヨーク支社での仕事にもだいぶ慣れ、任されることも多くなってきたユウカは残業をすることも増えてきました。集中しているといつの間にか夜の7時に。同僚のジェシカが外食に行かないかと誘ってきました。隣部署のトーマスも同じフロアで同じく残業をしていたので、声をかけてみることに。ところが、トーマスの返事をきっかけに会話はすれ違ってまいました。

それはこんな会話でした。

Jessica: Wow, you're working late today.
Yuka: I didn't realize it was already so late.
Jessica: Why don't we go grab a bite to eat?
Yuka: That's a good idea. I'm hungry.
Jessica: Looks like Thomas is still here, too. Why don't we ask him to come along?
Yuka: Sure. Hey, Thomas! Do you want to come and grab a bite with us?
Thomas: It's too cold today, I can't be bothered to go out.
Yuka: Oh, sorry. I didn't mean to bother you while you're working.
Thomas: You didn't. I'm almost finished here.
Yuka: Oh, I thought I bothered you while you were trying to concentrate.
Thomas: No, not at all. You guys have fun.
Yuka: Alright, see you later.

日本語に置き換えると次のようになります。

ジェシカ:遅くまでお疲れさま。
ユウカ:あら、もうこんな時間。
ジェシカ:どっか食べに行かない?
ユウカ:いいわね。おなかすいちゃった。
ジェシカ:あら、トーマスも残ってるのね? 彼も誘おうか?
ユウカ:そうね。トーマス、何か食べに出ない?
トーマス:きょうは寒すぎるよ、外に出るの面倒だな~。
ユウカ:あら、仕事の邪魔しちゃったのね、ごめんね。
トーマス:いや、もう仕事はほぼ終わったよ。
ユウカ:集中しているのを邪魔しちゃったのかと思った。
トーマス:そんなことないよ、行ってらっしゃい。
ユウカ:行ってきます。