拡張性が高く使いやすい

軽量モデルながら拡張性は十分だ。USB-C端子を2つ、USB端子を1つ、HDMI端子、microSDカードスロットなどを備える。USB-C端子はディスプレー出力機能を備えており、ケーブル1本で外付けディスプレーをつなげるようになった。ただし他社の21年春モデルには、高速データ転送などの最新規格「Thunderbolt 4」に対応した製品が増えているので、その点は少し遅れている印象は否めない。

コネクターは充実していて使い勝手が良い。特に、USB-C端子が2つあるのがありがたい

ウェブ会議向けの機能が充実

ウェブ会議に特化した機能を複数搭載しているのも特徴だ。専用ツールで会議への接続が簡単にできる。さらに内蔵スピーカーからの音声が聞こえる範囲を調整する機能や、周囲の雑音や残響を抑える機能、使用者以外がのぞき込む視線を検知すると画面を自動でぼかす機能などを備える。複数のユーザーとウェブ会議を行う際には、それぞれの声の大きさを均一にすることもできる。

マイクは液晶の上部に付いていて広い範囲の音を拾える
スピーカーの音を聞きやすい範囲に調整できる

さらに、持ち出して使う際に安心な「MAMORIO PC」を搭載している。これはノートPC本体からBluetoothの電波を定期的に発信して、PCを置き忘れたときにあらかじめひも付けておいたスマートフォンにアラートを送ったり、最後に使った位置をスマホの地図に表示する機能。持ち去りなどでもアラートは鳴るが、完全に保証されているわけではない。電源がオンもしくはスリープの際に機能する。購入後2年間は無料で利用できるが、3年目からは有料となる。

「MAMORIO PC」で紛失を防止できる
次のページ
キーボードはなかなか打ちやすい
MONO TRENDY連載記事一覧