メンタルヘルスと新型コロナ 米、精神医療に迫る危機

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

新型コロナウイルス感染症の仮設検査場で働く州兵。2020年11月12日、米ユタ州ソルトレークシティーで撮影。メンタル・ヘルス・アメリカの21年の報告書によれば、ユタ州は成人のメンタルヘルスケアの受けやすさで全米最下位にランクされた(PHOTOGRAPH BY RICK BOWMER, AP)

プレストン・カドレック氏は疲れ果てていたが、自宅には帰れなかった。2020年11月中旬のことだ。34歳のセラピストであるカドレック氏はノースイースタン・カウンセリング・センターの日勤を終えたものの、救急チームの仕事に移るところだった。

センターがあるユタ州のルーズベルトは人口約7000人の小さな町だが、カドレック氏を含め、セラピスト8人だけでメンタルヘルス(こころの健康)の救急対応を担っている。誰かを家から町の病院まで運ぶため、車で65キロ以上移動することも珍しくない。11月中旬のあの夜、カドレック氏がいなければ、1人の救急患者が専門家の助けなしに厳しい試練と向き合うことになっていただろう。

大都市以外で働く精神医療の従事者にとっては、カドレック氏の例はよくある話だ。精神科救急は担い手が少なく、ただでさえ負担がかかっているにもかかわらず、ニーズが高まっている。都市を除く米国の大部分では長年、需要が供給を大きく上回っており、「メンタルヘルスケア砂漠」と呼ばれる現象が起きている。何時間も車を走らせなければ、専門家の治療を受けられない地域もある。ガソリン1リットルが貴重な貧困者にとってはまさしく死活問題だ。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は遠隔医療を促進し、メンタルヘルスの不安を理由に助けを求めることが普通のことになるよう努力が続けられている。それでも、精神医療従事者の不足という根本的な危機には対処できず、治療を必要とするすべての人には対応できていない。ボランティアは頼みの綱になっても、訓練を受けた専門家の代わりにはならない。人材不足は国が一夜にして解決できる問題ではない。

全米精神疾患患者家族会の最高医療情報責任者ケン・ダックワース氏は「精神保健福祉士になるには8年かかります」と話す。

非営利団体メンタル・ヘルス・アメリカの21年の報告書によれば、ユタ州は成人のメンタルヘルスケアの受けやすさで全米最下位にランクされており、農村部が多いワイオミング、アイダホ、アラスカ、ミシシッピなどの州も下位3分の1に入っている。主な要因は治療者の数が少ないことで、医療機関までの移動距離、貧困、保険に加入していないことなどが問題を複雑化している。

このような背景があって、カドレック氏は夫婦、家族関係のカウンセラーとしてクリニックで長い一日を過ごした後、時には車で町を走り回り、長い夜を過ごすこともある。こうした追加業務はセラピストたちのメンタルヘルスにも負担となっている。

次のページ
パンデミックで広がる格差
ナショジオメルマガ