金星にも雷? 日本の探査機あかつき、謎の光を観測

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

日本の金星探査機あかつきが紫外線で撮影した金星の疑似カラー画像。雲の層に模様が浮かび上がる(PHOTOGRAPH BY JAXA/PLANET-C PROJECT TEAM)

2020年3月1日、金星を周回する唯一の探査機である日本の「あかつき」が、金星の空に明滅する不思議な光をとらえた。この光は、40年にわたって人類が抱いてきた、ある疑問への答えをもたらすかもしれない――雲に包まれた金星に、雷はあるのか?

地球以外の太陽系内では、これまでに木星、土星、天王星の雲の中で探査機が雷光を検出している。厚い雲に覆われた「金星にも、雷があるはずだと考えています」。米ジョンズ・ホプキンス大学の惑星地質学者で、米航空宇宙局(NASA)金星探査解析グループ(VEXAG)の副会長を務めるノーム・アイゼンバーグ氏はそう語る。

あかつきが検出した光について、北海道大学の惑星科学者である高橋幸弘氏が、2020年12月に開催された米地球物理学連合(AGU)の年次大会で明らかにした。高橋氏のチームは、地球の雷の約10倍のエネルギーをもつ強力な雷か、大気中で爆発した大きな流星のどちらかだったと考えている。

この光は、あかつきに搭載された雷・大気光カメラによって撮影された。閃光(せんこう)が検出されたのは5年間の観測で今回が初めてだ。金星に雷があることを示す非常に有望な証拠だが、チームは今もデータを分析中であり、査読付き論文として発表するまではコメントを控えるとしている。

高橋氏の研究発表によれば、金星に雷があるかどうかについては何十年もの間、議論の的になっているという。

探査機がとらえた電磁パルスや地球上から観測された光など、金星に雷があると思われる証拠はこれまでにも発見されている。しかし、そのたびに科学者たちは、深宇宙の宇宙線ではないか、あるいは機材自体が発するノイズではないか、などと疑問を呈してきた。

今回検出された光の原因を特定するため、天文学者たちは再び同じような光を見たいと願っている。「大変興味深いですし、チームは他の可能性を排除するために必要な分析を行っています」とアイゼンバーグ氏は話す。なお氏は今回の研究に関与していない。しかし、「似たような光が再びとらえられるまでは、断定できません」

もし今回の光が雷だったなら、厚い雲に覆われた金星の謎を解く大きな一歩となるだろう。その謎には、金星に生命が存在しうるかどうかも含まれる。英オックスフォード大学の惑星科学者コリン・ウィルソン氏は、次のように話す。「(雷は)原子を分解し、分子を再結合させるフリーラジカル(非常に反応性の高い原子や分子)を生みます。そうして、雷が発生したのでなければ存在しないはずの分子が形成されるのです」

注目記事
次のページ
決定打ではなかった音や電波