powered by 大人のレストランガイド

3密避ける完全個室も テレワークカフェを賢く利用

パセラのテレワーク向けサービス「おしごとパセラ」は、完全個室で他の客が気にならない。写真はパセラ上野公園通り店の一室
パセラのテレワーク向けサービス「おしごとパセラ」は、完全個室で他の客が気にならない。写真はパセラ上野公園通り店の一室

政府はこのほど、2020年4月に続いて2回目となる緊急事態宣言を発令した。長引くコロナ禍により、出社せずに自宅などで業務を行うテレワークが進んでいる。2020年9月の東京都の発表によれば、都内企業(従業員30人以上)のテレワーク導入率は57.8%。前年度同時期(25.1%)に比べて2.3倍に大きく上昇しており、中小企業でも導入が進んでいるようだ。2回目の緊急事態宣言においても、一層のテレワークが求められている。

一方、「家族が家にいて仕事に集中できない」「会社のようにインターネット環境が整っていない」など、自宅でスムーズに仕事を進めるのは難しいというビジネスパーソンも少なくない。連合が行った「テレワークに関する調査2020」によれば、小学生以下の子どもを抱える男女の約8割が「テレワークの困難さを感じている」と回答している。

そこで利用したいのが、インターネット接続や電源などテレワーク向けの環境が整った専用空間だ。コロナの影響で利用者が減ってしまったホテルやレンタルスペースなどでも、テレワーク向けプランが続々登場。さらに、食事メニューにこだわるカラオケチェーンや、ビジネスツールも設置されている便利なカフェなど、仕事に集中しながら飲食もとれるテレワークスペースが出現している。

首都圏を中心に20店舗展開するカラオケチェーン「パセラ」では、カラオケ個室をテレワーク用の“個室カフェ”として使えるサービス「おしごとパセラ」を2020年3月から実施。都内8店舗と、横浜、大阪それぞれ1店舗の計10店舗でサービスを導入している。「個室なので人との接触が少なく、コロナ感染リスクも抑えられる。感染予防に関しては、こまめな消毒・換気や従業員の検温をはじめ、店舗入り口や全個室に消毒用アルコールを設置するなど、独自のガイドラインを設けて全店で徹底しているので、安心して利用してほしい」とパセラリゾーツの清原将也さんは話す。2回目の緊急事態宣言で、営業時間を短縮するなど、さらに気を引き締めてコロナ対策を実施しているという。

料金は全店舗共通で、2時間利用で税込み1400円から利用可能。利用時間に応じて1時間当たりの金額が安くなり、最長7時間(同3500円)まで利用可能だ。料金は1人1室当たりの金額で、人数分の料金を払えば、1室を複数人で使用することも可能。小規模な会議や、資料をテーブルに大きく広げてチームで話し合いたいときなどに便利だ。

各個室に昇降式テーブルを採用し、デスクワークに適した高さに調整可能(左)。ウェブ会議用の集音マイク、スピーカーなどまで無料で貸し出している
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド