家庭内で待機電力が大きいものは? クイズで知るエコ

PIXTA
PIXTA

環境意識が高まり、自然と共生する「エコ」な行動が脚光を浴びる。日々の暮らしにも影響する地球環境問題について少しは知っておきたい。クイズで1000人に聞き、間違った人が多い順にランキングした。

■1位 太陽光発電導入量が最大の国は? 146人
(1)ドイツ (2)日本 (3)中国

太陽光発電は再生可能な自然エネルギーの代表格だ。世界中で普及が進み、IEA(国際エネルギー機関)によると、2019年の世界の太陽光発電の累積導入量は国別シェアで上から中国約33%、米国約12%、日本約10%、ドイツ約8%。735人がドイツを選んだ。

ドイツは再生可能エネルギーによる発電が全体の4割を超える。ただ電力需要は国内総生産(GDP)との相関が強く、世界2位の経済規模を持つ中国が太陽光発電量でも上回る。太陽光発電パネルのシェア上位3社も中国企業が占める。

中国ではエネルギー消費量の約6割が石炭で、資源の制約や大気汚染などの問題から太陽光発電への移行を進める。習近平国家主席は20年の国連総会で、「30年までに二酸化炭素(CO2)の排出をピークアウトさせ、60年までにカーボンニュートラルを達成する」との目標を示した。

<正解は(3)>

■2位 家庭内で待機電力が大きいものは? 210人
(1)テレビ (2)冷暖房エアコン (3)ガス温水器

節電で話題に上ることの多い「待機電力」。省エネルギーセンターの調査によれば、1世帯の平均年間消費電力量のうち約20分の1が待機電力だ。回答者では年配層よりも若者の方が正解率が高かった。若者世代の環境への意識の高さが表れた。

待機電力の半分を5つの電気機器で占める。1位は19%のガス温水器(ガス給湯器、ガス給湯つき風呂がまを含む)で、2位テレビ(10%)、3位冷暖房エアコン(8%)、4位電話機(8%)、5位DVDレコーダーなど録画・再生機器(6%)となっている。

ガス温水器は構造上、電源をコンセントから簡単に抜くことができないので「主電源」を切ろう。冷暖房エアコンもシーズンオフ時には電源をコンセントから抜いておくと節電に有効だ。

<正解は(3)>

■3位 ミレニアル世代の特徴として誤りは? 235人
(1)貯蓄志向が薄い (2)つながりなどを重視 (3)家・車の所有への関心が薄い

ミレニアル世代とは2000年以降に成人を迎えた世代を指す。子どものころからインターネットが普及し、デジタル機器の利用にも手慣れているのが特徴だ。米国の研究によると、環境・社会問題に関心が高いとされ、他者とのつながりを重視する。

回答では全ての世代で「家・車の所有への関心が薄い」を選ぶ割合が高かった。ミレニアル世代にはシェアリングサービスが人気なことから、マイカーの所有にさほどの関心を抱かないとされる。

日本のミレニアル世代は物心がついたときから景気低迷や就職氷河期などを経験した人が多く、バブル期に社会人や大学生だった50代以上に比べて堅実で貯蓄志向が高いとされる。

<正解は(1)>

■4位 10分間のアイドリングをやめて1カ月続けるとガソリン代の節約額は? 269人
(1)約500円 (2)約1500円 (3)約3000円

アイドリングとは、自動車をエンジンをかけた状態のまま停止すること。排気量2000ccのエンジンを10分間アイドリングすると、エアコンを切った場合で130ccの燃料を消費する。1カ月(30日)続けたとして3.9リットルを使う。レギュラーガソリン1リットル=130円で計算すると月507円になる。

停止したときに自動的にエンジンが止まる機能の付いた車が増えている。ストップ・アンド・ゴーの運転を繰り返す街中では燃費を節約できる。アイドリングストップするとCO2の排出抑制や騒音軽減にもつながる。回答では(2)の約1500円を選ぶ人が全世代を通じて多く、正解率が高かったのは50代(男女ともに32%)だった。

<正解は(1)>

■5位 国内の家庭、店舗などから1年間に出るごみの量、1日1人当たりだと? 314人
(1)約500グラム (2)約1キログラム (3)約3キログラム

環境省の発表によると、日本国内で1年間に出るごみの量は、2018年度で4272万トンと東京ドーム約115杯分になる。1人1日当たりでは918グラムに達する。この数値は年々減っているものの、「日々の生活ごみは、マイボトル、マイバッグを持ち歩いたり、必要な分しか買わないなどの工夫で減らすことができる」と、FoE Japanスタッフの高橋英恵さんはアドバイスする。

20代は42%が正解を選んだのに対して、50代、60代の正解率はいずれも25%と低かった。若年層の正解率を男女別に見ると、20代男性が44%に対し20代女性は39%、30代男性38%に対し30代女性30%。いずれも男性が女性を上回った。

<正解は(2)>

注目記事