powered by 大人のレストランガイド

安い・うまい・おしゃれ フレンチ感漂う新橋立ち飲み

東京・新橋、古い居酒屋やスナック系が並ぶ小さな路地にある「STAND BY Mi(スタンドバイミー)」。立ち飲みなのに、不思議な高級感が漂う
東京・新橋、古い居酒屋やスナック系が並ぶ小さな路地にある「STAND BY Mi(スタンドバイミー)」。立ち飲みなのに、不思議な高級感が漂う

東京・新橋は、安くて手軽な酒場や立ち飲みが多いことで有名。でも、そこに新興勢力が登場している。安くて、うまいのは当たり前、それに加えてオシャレなのだ。その店は「STAND BY Mi(スタンドバイミー)」。近年の立ち飲み業態の中では、最優秀なのではないか?

店は、新橋の象徴とも言える烏森神社のすぐ近く。古い居酒屋やスナック系が並ぶ小さな路地にある。間口は狭い。半間(90センチ)くらいか。ただ、入り口から、やたらにカッコ良い。入り口の透明なガラスには、少しレトロな書体で「たちのみ スタンドバイミー」と書いてあるのだが、その奥に広がる店内に不思議な高級感が広がる。

細長い店内は手前に立ち飲みスペース。その奥にわずかなテーブル席がある。入ると、目立つのが、カウンターのデザイン。最近の酒場は、白木を使うことで老舗感を出す店が多いが、こちらは、翡翠(ひすい)色の大理石風のしつらえ。「お! ここは違う」という印象を与えてくれる。店内には、外食慣れしていそうな30代女性客が半分くらい占めている。

驚くのは、つまみのレベルの高さだ。

250円おつまみ。手前が「サバタルト」、中央が「トマト トマト トマト」。奥はお通しの「にんじんのムース」

「ひとくちおつまみ」は、250円で10品ほど提供しているが、フレンチの前菜を食べている雰囲気。例えば、「サバタルト」は焼いた食パンにラタトゥイユ、炙(あぶ)りしめサバを重ねて、ひと口で食べられるようにしている。

「トマト トマト トマト」は複数のミニトマトに、オリーブオイルと塩、コショウをかけている。素材そのものを提供する意図で、ありそうでない品だ。そもそもお通しが、小さめのカップに入れたにんじんのムース。これが絶妙なのだ。洋風だしの上質さが感じられる逸品で、これを目当てに訪店する客も多いようだ。

「BBQスペアリブ」(680円)

つまみが別格なのは、当然だ。シェフ、スーシェフ(2番手)とも、『ミシュラン東京版』で星を取った「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」の出身。基礎技術が上級。それを立ち飲み業界に持ち込んだわけだから、レベルが違う。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド