powered by 大人のレストランガイド

BBC「今年の100人の女性」に選出 広島「富久長」杜氏世界で急増!日本酒LOVE(28)

BBC「今年の100人の女性」に選ばれた今田酒造本店の今田美穂さん(中央)
BBC「今年の100人の女性」に選ばれた今田酒造本店の今田美穂さん(中央)

日本酒業界に今秋、ビッグニュースが飛び込んできた。英国BBC放送の「今年の100人の女性(BBC's 100 Women 2020)」に、「富久長」を醸す広島の老舗酒蔵、今田酒造本店(東広島市)の4代目蔵元で杜氏の今田美穂さんが選ばれたのだ。BBCが世界の人々に感動や影響を与えた女性たちを毎年選出しているもので、香港の民主活動家や、新型コロナウイルスワクチンを開発した英オックスフォード大の教授らと共に日本人では唯一、名を連ねた。

「約2カ月ほど前、突然BBCから連絡があり、ノミネートされました、と言われたのですが、まさか最終の100人に選ばれるとは」と今田さんは喜びを隠さない。コロナ禍で大変な世の中だが、「このニュースが日本酒業界に少しでもプラスに働けばうれしい」と期待する。

今田さんは100年以上の歴史を持つ老舗酒蔵で酒蔵経営と酒造りの両方を担う。20代の頃は東京で会社勤めをしていたが27年前、広島に戻り、家業を継いだ。杜氏になったのは、さらにそれから約10年後。今でこそ女性杜氏は全国各地で活躍中だが、当時はまだ珍しかった。

強靭(きょうじん)な体力と精神力が求められる酒造りは、昔から男性蔵人の仕事とされてきた。中でもその最高責任者、杜氏は熟練職人が担うのが通例で、蔵は“女人禁制”といわれた時代すらあったほどだ。

ドキュメンタリー映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」にも出演した今田さん(左)

「地域や蔵によっても違うかもしれませんが、うちは厳格な男社会という感じではありませんでした。東広島市の一番南側、安芸津町は広島杜氏の里として知られ、伝統と技を受け継ぎ、男女関係なく皆ができることをやってきました。 “女人禁制”という言葉は地元では聞いたことがありません」と今田さん。

とはいえ、今田さんが出演したドキュメンタリー映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」(2019年公開)では、重そうな蒸米を抱えたり、冬場に白い息を吐きながら作業したりする光景が登場。並大抵の女性ができることではないのがすぐに分かる。この映画はイタリアでの映画祭でも上映され、“極寒の季節にストイックに酒造りが行われる酒蔵で陣頭指揮をとるのが、なんと女性の杜氏!”と非常にインパクトある映像として受け止められたらしい。「今回の選出は映画の影響もあるかもしれない」と今田さんは言う。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド