クリスマスに願いを 中川晃教君と福岡へ(井上芳雄)第83回

井上芳雄です。もうすぐクリスマスですね。12月の9・10日は、久しぶりに故郷の福岡に帰り、博多座でアッキーこと中川晃教君とのコンサート『僕らこそミュージック』の復活公演がありました。アンコールで歌ったのは、山下達郎さんの名曲『クリスマス・イブ』。新型コロナウイルス禍の今年は、クリスマスの景色も例年と違って見えることでしょう。静かに過ごすクリスマスにふさわしい歌だと感じました。

12月9・10日、福岡の博多座でのコンサート『井上芳雄&中川晃教 僕らこそミュージック』に出演した井上芳雄(左)と中川晃教(右)(写真提供:東宝演劇部)

福岡でのコンサートは、9月に帝国劇場で初めて2人で開催した一夜限りの公演と基本的には同じ内容です。2日間で3回公演でした。僕が福岡に帰るのは、2月のミュージカル『シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ』の公演以来。夏と秋に、同じくミュージカルの『エリザベート』と『ダディ・ロング・レッグズ』の公演が予定されていたのですが、コロナ禍で中止となったので、久しぶりの帰郷です。

今回、福岡で公演することになったきっかけは、僕の恩師の一声。中学生のときからジャズダンスを習っていた、その恩師から電話があって、地元を元気づけるために何かできることはないのか聞かれました。僕も自分にできることがあれば、と思っていたし、帝劇でのコンサートが好評だったこともあって、関係者の方々に相談したところ、紆余曲折(うよきょくせつ)はありつつも、みなさんのご尽力によって博多座での公演が実現したというわけです。

博多座は九州で最大級の演劇専用劇場です。僕たちの公演から客席を100パーセント使えるようになったので、たくさんのお客さまに来ていただけました。オリジナル商品やお菓子・博多土産などを売っていて、劇場の名物ともなっているロビーのいろんな売店も開いて、劇場に少しずつにぎわいが戻ってきたようです。

アッキーは「福岡が好きだから、連れてきてくれてありがとう」と言ってくれました。彼は仙台出身なので、「次はアッキーの地元に行きたいね」という話も。残念だったのは、みんなで食事に行ったりできなかったこと。福岡はおいしいものが多いので、スタッフやバンドの人たちも「今はしようがないね……」と分かっていながらも、残念そうでした。

曲目は、帝劇とほぼ同じ。僕のソロパートでは、福岡公演が中止になった『ダディ・ロング・レッグズ』からの『チャリティー』という曲を別の曲と差し替えました。帝劇では演出家の小池修一郎さんにスペシャルゲストで出ていただいたのですが、今回はゲストはなく、2人のトークコーナーに。2002年の『モーツァルト!』初演で2人が出会ってから、今までの関係を話したりしました。

トーク中、僕はハンディーカメラを持って、アッキーを撮っていたのですが、そしたら「ただ撮られても、どうしたらいいか分からない」となって、急に即興ミュージカルをやることに。アッキーが即興を始めて、ピアニストの人が付いてきて、僕も無理やりそこに入ります。初日の昼公演では、アッキーが「僕とヨッシーは仲よしなんだ」と歌い出したのですが、それが中川の「中」と芳雄の「芳」を掛けていたというのは、後になって気づきました。歌ってる間は、僕もアッキーにあわせて即興に必死だったので(笑)。

その日の夜公演では、アッキーがお題がほしいと言うので、「2回公演」と振ったら、その日の出来事を歌にしてました。次の日は、福岡出身のミュージカル俳優の先輩、岡幸二郎さんが前日見に来てくれたので、「岡幸二郎さん」と振ったら、さすがのアッキーも難しかったみたいで、すごく長い創作ミュージカルを演じていました。彼はもともとミュージシャンだし、そういう即興が好きなんです。僕に振るのはいいとしても、バンドのメンバーにも、急にドラムの方に「『モーツァルト!』のイメージで1曲」とかムチャ振りするので、最後は誰もアッキーと目を合わせなくなるという状況に陥ってました(笑)。

そんなふうに決まった曲目に加えて、毎回違うトークや即興があって、3回公演のそれぞれで色合いの違うコンサートになったと思います。それがアッキーと一緒にやる面白さです。一期一会というか、福岡に来ているからこその雰囲気がありました。

次のページ
その土地やお客さまにあった曲を歌いたい
エンタメ!連載記事一覧