powered by 大人のレストランガイド

オフィスに高級コーヒーを コロナだからこそ福利厚生

ダイオーズがOCSに投入した3種類のスペシャルティブレンド(手前のパッケージ)。商談相手に実際に飲んでもらうと契約率が高くなるという

新型コロナは会社の風景を変えた。リモートワークで一部の職場では人影がまばらになった。いまだに感染収束の見通しは立たず、オフィスコーヒーサービス(OCS)などコーヒーに絡むBtoBビジネスには逆風が吹く。ところがそうした中でも着々と顧客を開拓する業者がある。目玉商品に据えるのが高品質のスペシャルティコーヒー。職場でのくつろぎの一杯をグレードアップしましょう、という提案は、意外や今の状況下でも確かな手応えがあるという。どんな需要が潜んでいるのだろう。

フルーティーなエチオピア、ほどよい酸味のケニア、深いコクのコロンビア。10月にダイオーズがOCSで提供を始めた3種類のスペシャルティコーヒーのブレンドだ。焙煎(ばいせん)・監修するのは、コーヒーの抽出技術を競う「ワールド・ブリュワーズ・カップ」で2016年、アジア人初の世界チャンピオンとなった粕谷哲さん。自家焙煎カフェのPhilocoffea(千葉県船橋市)を経営し、最近、ファミリーマートのブレンドコーヒーの開発にも携わった。

ダイオーズはこの3種類のコーヒーを、一杯ごとに豆を挽(ひ)いて抽出する全自動マシン「FRANKE(フランケ)」「MIONE(ミオーネ)」の2機種のメニューに加えた。MIONEは1日の消費杯数が50杯未満、FRANKEは同50杯以上の職場向けだ。

両機種はカフェラテやカプチーノも提供できる。より高品質で、多彩なコーヒー系飲料を求める消費者が増えるなか、冷めても味わいが楽しめる高品質のスペシャルティコーヒーが差別化の強力な武器になると踏んでいる。

だが、そもそもの話、コロナ禍で従業員が出社する機会が減っている今、OCSの新規導入やグレードアップを図る企業がどれだけあるのだろうか? 素朴な疑問をダイオーズ社長の大久保真一さんにぶつけてみた。

ダイオーズ社長の大久保真一さんはインスタント全盛の時代に「いずれレギュラーコーヒーの時代がくる」と予見しOCSを事業化した。FRANKEのマシンと

「コロナの影響で、当社がマシンを提供している顧客へのコーヒー豆の販売額は前年の8割程度の水準です。千代田区など東京都心5区の大企業、とりわけ在宅勤務が多いIT(情報技術)系企業などの落ち込みが目立ちます。でも当社の主要顧客である地方や中堅中小の企業向けの売り上げは戻りつつある」

「一方、OCSのマシン新規導入件数は前年実績を上回る見通しです。最も動きがいいのは物流分野や医療関連施設。コロナ禍で多忙を極める職場に、福利厚生の一貫でやすらぎの一杯を、という需要が拡大しているんです。都心のオフィスでは、新たに設けたカフェテリアに当社のマシンを導入するケースも多い。シェアオフィスのような新しいニーズも出てきています」

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド