カーボン入りでも履きやすい ニューバランスの新作特集 人気3メーカーの最新ランニングシューズ(下)

新型コロナウイルス禍によるテレワークや外出自粛などにより、運動不足解消の必要性を感じている人も多いだろう。そこで、ランニングに適した最新シューズを、今回はニューバランスの注目モデルから3商品紹介する。

反発弾性に優れたFuelCellシリーズ

FuelCellシリーズのカーボンファイバープレート搭載モデル

速く走るために、シューズに必要な機能の一つは反発弾性だという。「反発弾性が高いことで、着地時の足の接地時間を短縮し、すぐに次の一歩につなげられる」と話すのは、ニューバランスジャパンのPR小澤真琴氏。弾むように走る姿をイメージするとわかりやすいが、反発弾性が高ければそれだけスピードがアップする。

そんな反発弾性を強化したニューバランスの注目モデルが、同社で最も高い反発弾性を備えた独自のミッドソール素材を搭載した「FuelCell(フューエルセル)」シリーズだ。2017年から本国の米国本社で、ニューバランスの契約アスリートとともに開発をスタートし、19年にシリーズ最初のモデルとして、ミッドソール素材「FuelCellフォーム」に高反発のカーボンファイバープレートを組み合わせた「FuelCell 5280」を発売した。

「カーボンファイバープレートを搭載することで、力強い推進力を生み出し、効率的なスピードアップを実現する」(小澤氏)。カーボンプレート入りのシューズは速く走れることから注目されているが、履きこなす(走りこなす)のが難しいともいわれている。しかし、ニューバランスの場合は通常のシューズと履き心地がそれほど大きく変わらないので、「シューズに足や走り方を合わせる努力はそこまで必要なく、自然に移行できるのが特徴」(小澤氏)としている。

自己ベストを狙うためのレーシングモデル

ニューバランス「FuelCell RC ELITE」(2万6000円・税別、以下同)

10月に発売された「FuelCell」シリーズの最新モデル「FuelCell RC ELITE」。シリーズの特徴である弾む走り心地に、フルマラソンでのレース本番にふさわしい軽さと、地面をつかみ、走りを加速するグリップ性、スムーズな着地を実現している。

TeamNBの神野大地選手(セルソース所属)が日本代表として出場した、19年のアジアマラソン選手権で優勝した際に着用していたモデル。神野選手は「厚底でありながら、ものすごく軽く、ニューバランスのよさであるフィット感がちゃんとあるシューズです。マラソンで自己ベストを狙うためには最高のシューズだと思っています」とのコメントを寄せている。

ミッドソールに軽量かつ高反発なFuelCellフォームを採用し、推進力を生み出しランナーをサポートするカーボンファイバープレートをソールに内蔵。ぬれた路面でも滑りにくいアウトソール「DYNARIDE(ダイナライド)」、足にフィットしてストレスを低減するメッシュアッパーなど、トップアスリートがシリアスなレースで着用することを想定して設計されている。

FuelCell RC ELITEの構造。中央の濃いグレーのパーツがカーボンファイバープレート
次のページ
レースとトレーニングの両方に最適なシューズ
MONO TRENDY連載記事一覧