筒美京平 生涯セールス第1位、時代超えてヒット量産

昭和中期から平成にかけて、数多くのヒットを生み出した作曲家・筒美京平が10月7日、80歳で亡くなった。本人はメディア露出に消極的で裏方に徹していたためか、テレビでの紹介は控えめだったが、生涯に作曲したのはJASRAC登録曲だけでも2700曲以上。日本の音楽シーンにおける影響力はすさまじく大きい。

卓越したセンスでヒット曲を量産し、2020年10月7日に80歳で死去した筒美京平さん

セールス面を見ると、作曲家としての総売り上げは歴代1位、1960年代~70年代を中心に手掛けていた編曲家としても歴代4位となる。作曲した楽曲の累計売上枚数だけ見れば、筒美と小室哲哉は同じ7000万枚台だが、小室が年間10作以上のミリオンヒットが出ていた90年代に楽曲を量産したのに対し、筒美はミリオンセラーが年間1枚出るかどうかだった60年代から80年代にヒットを着実に重ねている点が大きく異なる。

筒美の作品は1971年から87年までの間に10回も作曲家別売上で年間トップになった。さらに、オリコン1位を獲得した全39曲は、60年代の「ブルー・ライト・ヨコハマ」(いしだあゆみ)、70年代の「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)など9作、80年代の「スニーカーぶる~す」(近藤真彦)「仮面舞踏会」(少年隊)など26作、90年代の「TENCAを取ろう! ‐内田の野望‐」(内田有紀)と「やめないで,PURE」(KinKi Kids)、そして00年代の「AMBITIOUS JAPAN!」(TOKIO)と5年代にまたがる。これは筒美ただ1人が持つ記録だ。

それぞれの時代に合わせてヒット曲を生み出せる、卓越したセンスを持っていたのが筒美京平という作曲家のすごみだ。特に70年代から80年代は、当時世界的に流行していたモータウンやディスコ、R&Bなどのサウンドをいち早く取り入れていった。日本の歌謡曲をお洒落なポップスに変革していった第一人者と言えるだろう。

筒美の楽曲を歌うことで育った歌手も多い。男性歌手では、郷ひろみが20作、野口五郎が11作、筒美の楽曲でオリコントップ10入りを記録しているが、他にも近藤真彦、田原俊彦、少年隊、SMAP、KinKi Kids、TOKIOなどジャニーズアイドルへの楽曲提供が目立った。

女性アイドルでは、70年代に南沙織、麻丘めぐみ、岩崎宏美、太田裕美、80年代には松本伊代、斉藤由貴、本田美奈子、中山美穂などに、デビューから数年の間に楽曲を提供してブレイクに導いた。

さらに、いしだあゆみ、ジュディ・オング、桑名正博、庄野真代、C‐C‐B、アイドルでは早見優、小泉今日子、河合奈保子など、筒美の楽曲によって大胆なイメージチェンジを図り、大きくステップアップした歌手も多い。

90年代に入ると井上陽水やNOKKO、藤井フミヤ、小沢健二などシンガーソングライターへの楽曲提供も増えていく。これは筒美の楽曲を聴いて育ったアーティストがリスペクトの意味をこめて作曲を依頼した側面も大きいだろう。

次のページ
ジャニーズ育てた陰の立役者
エンタメ!連載記事一覧