骨盤のゆがみ整えおなかすっきり 1日1分おしり整体

日経ヘルス

お尻を伸ばすだけの「おしり整体」でくびれも復活
お尻を伸ばすだけの「おしり整体」でくびれも復活
日経ヘルス

悩みのぽっこり下腹。その原因のひとつは、骨盤まわりの筋肉や関節の「ゆがみ」。この骨盤のゆがみを効率的にほぐすのが、お尻を伸ばすだけの「おしり整体」。1日1分続ければ、おなかはぺたんと平らになって、くびれも復活!

おなかがなかなか引っ込まない……と悩んでいる人は、「骨盤のゆがみ」に着目してみよう。

「現代の生活はデスクワークなど前かがみの姿勢が多く、一方でしっかりお尻の筋肉を使って歩くといった時間が少ない。お尻の筋肉を使っていないと、股関節の可動域が狭まって硬くなり、そのゆがみが骨盤に波及する」と、骨盤矯正パーソナルトレーナーのNaokoさん。

骨盤がゆがむと、さらに下腹周辺の筋肉が使われづらくなり、脂肪がつきやすくなるという。「骨盤にゆがみがあるまま、筋トレなどをしても、効かせたい筋肉が動かず、効率よく脂肪を落とすことはできません」。

Naokoさんが提案するのが、骨盤のゆがみを解消するためにお尻にアプローチする「おしり整体」だ。ゆがんだ状態で硬くなっている骨盤まわりの筋肉を緩やかに揺らしながらほぐすことで、ゆがみを解消。さらに、ベルトを締めるように下腹をへこませながら呼吸することで、姿勢を安定させる。

「一度行うと、全身が軽くなるのがわかるはず。多くの人は、1週間程度で姿勢が変わり、1カ月後にはサイズダウンを実感できます」(Naokoさん)

「おしり整体」でなぜ下腹がへこむの?

股関節と仙腸関節を動かし、骨盤のゆがみを取る

骨盤のゆがみを生み出しているのが、骨盤につながる2つの関節「股関節」と「仙腸関節」。おしり整体では、これらの周囲の凝り固まった筋肉を揺らしながらほぐし、可動域を広げることにより骨盤のゆがみを取る。

骨盤のゆがみ解消のポイントは大腿骨と骨盤をつなぐ「股関節」と、骨盤の中央の仙骨を左右の骨とつなぐ「仙腸関節」だという。

呼吸を組み合わせ、姿勢を安定させる

「おしり整体」の呼吸は、「4秒かけて鼻から吸い、8秒かけて鼻もしくは口から吐く」。この呼吸法で、姿勢を安定させ、「横隔膜を大きく動かし、大腰筋といったインナーマッスルにもアプローチする」(Naokoさん)。

下腹をへこませたまま息を吸い、吐くときは、みぞおちまで締まるのを意識して。おなかに力が入りやすくなるのもわかるはず。

怠けていたおなかの筋肉が動き出し、 ペタ腹に!

おしり整体で骨盤のゆがみが解消されると、骨盤が体の支点としての役割を取り戻し、全身のバランスが整う。ゆがみがなくなることで、「アウターの筋肉は普段の活動で自然と鍛えられ、おなかも引き締まる」(Naokoさん)。

脂肪は使われていない部分につきやすい。おなかや背中の筋肉を正しく満遍なく使えるようになるから、おなかすっきり。歩幅も大きくなる。

注目記事
次のページ
【横座り「おしり整体」】骨盤内のインナーマッスルを