トランス状態で壁画を描いた? 米洞窟に残された証拠

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

洞窟の天井の割れ目に詰め込まれた植物の塊を記録する研究員のジョン・ピッチョーロ氏。写真の左に見えるのは、風車の形をした壁画だ。この壁画にちなんで、洞窟は「風車洞窟」と呼ばれている(PHOTOGRAPH BY DEVLIN GANDY)

幻覚剤と洞窟壁画には、何か関係があるのだろうか。この問題は、研究者の間で長年議論が交わされてきた。世界には、抽象的でサイケデリックとも言えそうな、遠い昔の洞窟壁画が数多く残されている。研究者の中には「昔の人は幻覚剤を使用してこのような壁画を描いた」と考える人もいるが、それを示す物理的な証拠はなく、専門家の間でも意見は割れていた。

ところが最近、米カリフォルニア州南部の洞窟で、国際的な研究チームがその証拠を発見したとする論文が発表された。つまり、この場所には、かつてトランス状態を体験した人がいたというのだ。

2020年11月23日付で学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された論文によると、洞窟の天井に開いた割れ目の間から、400年前のチョウセンアサガオの塊がいくつも発見された。チョウセンアサガオは、強力な精神活性作用があることで知られている。塊は、口の中でかんだ後取り出して、割れ目に詰め込まれたようだった。

この洞窟は、先住民チュマシュ族が暮らした地域のはずれにあり、湾曲した天井に赤い風車のような絵が描かれていることから、風車洞窟と呼ばれている。夕暮れ時に開花するチョウセンアサガオを上から見ると、風車のような形をしている。そのため、洞窟の壁画はこのチョウセンアサガオを描いたものであり、この場所でかつてチョウセンアサガオを使った集団儀式が行われていた可能性があると、研究者たちは考えている。

神聖かつ危険な植物

風車洞窟があるウィンドウルブス保護区は、カリフォルニア州ベーカーズフィールドの南にある広さ380平方キロの保護区で、1995年創立の非営利団体「ワイルドランズコンサーベンシー」が所有する。保護区内には、風車洞窟以外にもいくつかの場所で似たような壁画が発見されている。

風車洞窟の中には、他にも赤い顔料を使って描かれた抽象的な形やシミのようなものが見つかっているが、この風車ほど特徴的な絵はない。夏至の日には、太陽がその上に一筋の光を投げかける。この絵は、地面から約90センチの高さにある天井の傾斜部分に描かれたもので、2002年に考古学者が報告した。

今回の研究を率いた考古学者のデビッド・ロビンソン氏は、20年間カリフォルニア州の洞窟壁画を研究し、記録してきた。2007年から風車洞窟で調査を始め、発掘や放射性炭素年代測定を通して、この洞窟が1530年~1890年ごろまで使われていたことを突き止めた。

天井には50カ所以上の亀裂があり、その中に植物をかんだ後に詰め込まれたと見られる塊が埋まっていた。米国南西部にある古代遺跡で、今回のように人がかんだ後の植物の塊が発見されることは珍しくない。古代の人々は、よくユッカやアガベなどの植物をかんで、栄養を抽出していたからだ。

注目記事