日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/12/19

土に埋もれた遺物を発掘する場合、深い地層ほど古い遺物があると想定されるのと同じように、アイスパッチの場合も、最深部から見つかる遺物が最も古いはずと考えられた。もしアイスパッチに置かれた遺物がその場で凍ったまま動かないのなら、これらの遺物を利用して、先史時代の人々がそこで何をしていたのか、アイスパッチが特定の時期にどのくらいの大きさだったのか、どのくらいの速さで拡大・縮小していたのかを推定するのに役立つかもしれない。

ラングフォンネ氷原で見つかったバイキング時代のフォアシャフト(矢柄の前方の矢じりを取り付ける部分)。鉄製の矢じりが、動物の腱(けん)とカバノキの樹皮のひもで固定されている(MUSEUM OF CULTURAL HISTORY/UNIVERSITY OF OSLO)
ラングフォンネ平原で見つかった別のバイキング時代の矢。こちらも、鉄製の矢じりが動物の腱とカバノキの樹皮のひもで固定されている(MUSEUM OF CULTURAL HISTORY/UNIVERSITY OF OSLO)

発見場所と年代が対応しない

ラングフォンネ氷原で見つかった矢は、この「タイムマシン理論」の検証にうってつけのように思われた。

この氷原がトナカイの好猟場だったからだ。実際、矢とともにトナカイの骨も多く見つかっている。寒さを好むトナカイが、夏の間に虫を避けるために氷原に移動すると、人々は弓矢や狩猟用ナイフを持って後を追いかけたのだ。

研究者たちは、すべての矢について放射性炭素年代測定を行い、氷の上で見つけたトナカイの骨の年代も調べた。すると、少なくともラングフォンネ氷原ではタイムマシン理論が当てにならないことに気づいた。

事前の想定では、最古の遺物は氷の上に落ちた日の状態のまま、その場所に閉じ込められ、保存されているはずだった。しかし、実際に見つかった最も古い新石器時代の遺物は、断片化し、激しく風化していた。あたかも氷によってかき混ぜられたか、長年にわたって太陽と風にさらされてきたかのようだった。

一方、より新しい時代の矢は、まるで昨日射られたばかりのように見えた。例えば80キロメートル以上離れた川で採れた貝殻を、鋭く研いで矢じりにした1500年前の矢などだ。古い遺物を露出させ、再凍結するような「何かが氷の中で起きたのではないかと思いました」とピロ氏は言う。

時間の経過とともに氷が完全な層をなして堆積していったのなら、矢は年代順に現れると予想されるが、実際にはそうではなかった。製作年代が何千年も隔たった矢が、氷の縁に沿って、互いにそう遠くないところで見つかることもあった。

「アイスパッチが最も小さいときに見つかる遺物が最も古いはずだという予想は外れました」と米モンタナ州立公園の考古学者レイチェル・レキン氏は話す。なお氏は今回の研究には関わっていない。「重力と水が、遺物をかなり下まで移動させていたようです」

次のページ
人間の活動の移り変わり