初めての一人暮らし 賃貸でも火災・地震保険には加入知ってお得 女性の一生とお金(2)

Q:実家で両親と同居していましたが、急な転勤で引っ越すことになりました。初めての一人暮らしです。これまで住まいの保険のことをあまり意識してこなかったのですが、賃貸物件でも火災保険は必要と聞きました。地震保険にも入るべきでしょうか。(28歳 独身 会社員)

2020年は新型コロナウイルスのニュース一色となりましたが、暮らしに影響する大きなリスクとして挙げられるのが災害です。事故や火災もそうですが、近年では台風や豪雨により大きな被害が出ており、南海トラフ地震などの大地震も心配されます。それらに見舞われると、人の身体や住まいなどの財産は大きな損害を被り、家計運営やライフプランに大きく響きます。

それらの災害によってもたらされた、住まいの経済的な損害をカバーするのが「火災保険」や「地震保険」です。

風災、水災… 補償範囲が広い火災保険

火災保険というと「火事への備え」というイメージが強いかもしれません。確かに、基本補償となっているのは「火災、落雷、破裂・爆発」なのですが、火事による焼失以外にも、落雷による電化製品の故障や、ガス爆発による建物の損害などもカバーされます。

さらに「風災、雹(ひょう)災、雪災」「水災」「水ぬれ、物体の落下・飛来、そうじょう(デモなど集団の行動によって被害が生じる状態)」「盗難」「破損・汚損」などの補償をセットで契約すれば、台風や豪雨の被害などもカバーできます。火災保険の守備範囲は結構広いのです。

火災保険は「建物」と「家財」とで契約できます。賃貸物件の場合、建物の契約はオーナーが結びますが、借りる人は自分の財産を守るために家財の火災保険に入っておくべきです。家具・電化製品・衣類など、生活に欠かせない家財を一つ一つ買い直すとなると、結構な出費になるからです。

注目記事
次のページ
「うっかり事故」に個人賠償責任保険