トヨタ自動車社長の「終身雇用は難しい」という発言が話題になったにもかかわらず、実際にはそう簡単に雇用規制が緩和されない理由がここにあります。「雇用の流動化で真の終身雇用」へと言うのは簡単なのですが、現実的には非常に難しいのです。

では、日本型雇用のメリットをぶち壊すことなく、日本らしく雇用の流動化を進める方法は果たしてあるのでしょうか。

「自分はヨソでは通用しない」という思い込み

日本で雇用の流動化が進まない原因は「日本人のエンプロイアビリティーの低さ」にあると私は考えています。その状況下で解雇規制を緩和してしまうと、大問題になるからです。

「エンプロイアビリティー」とは「雇用され得る能力」のことを指します。現在の職場で継続して雇用され続けるための能力も、新しい職場で雇用されるための能力もひっくるめてエンプロイアビリティーです。

「世界一ビジネスマンが学ばない国ニッポン」というショッキングな見出しがつくような内容のリポートが、発表されたことがあります。それほど、日本人はほかの先進国と比較してもワーストレベルに学びに対して投資する時間や金額が低くなっています。

「長時間労働していて学びに投資する時間がない」といった理由もあるかと思いますが、最大の理由は「学びに投資するメリットがないから」でしょう。

欧米のビジネスパーソンと異なり、「いつクビにされるかわからない」といった緊張感を感じている会社員は日本ではまれではないでしょうか。「いつクビにされるかわからない」からこそ、自分自身のエンプロイアビリティー(クビにされないための能力/クビにされても他の企業に転職できる能力)を磨くために、学びや経験を得るための自己投資をしようという気持ちが湧くものです。

自分自身のエンプロイアビリティーを高める学びに投資するインセンティブが低い、そして、「エンプロイアビリティーが低い」ということを他でもない自分自身が一番痛感してもいるのです。「自分はヨソでは通用しない」と。他社でも通用するエンプロイアビリティーをもっていたとしても、「お前なんてヨソでは通用せんぞ」と洗脳されているケースも少なくないでしょう。

だからこそ会社にしがみついてしまい、もしクビにされたら路頭に迷ってしまうのではないかと思い込んでしまうのです。しかし実際は、そんなことないケースがほとんどではないでしょうか。

「副業」ではなく「複業」であることがポイント

会社にしがみついてしまいがちな日本のサラリーマンが、エンプロイアビリティーを高めるためのヒントは「複業」にあると、私は考えています。

「副業」ではなく「複業」です。

「副業」と「複業」の違いについては、こちらの図を見てください。

縦軸は収入の有無、横軸は目的がお金かお金以外(自己実現/自己成長など)かを表しています。

副業は「副収入を得ること」が主目的であるのに対して、複業は「副収入があればうれしいけどなくてもOK」くらいの位置づけです。複業の目的は十人十色です。私の場合の複業は、本業では得られないスキルを得るための経験値を稼ぐこと、という「自己成長」が一番の目的でした。自己実現やNPOや地域活動などの社会貢献を目的に複業に取り組んでいる方もいます。

「副業」がダメで「複業」が良いと二元論で語るつもりはありません。「副収入」を得ることを主目的とした「副業」もいいと思います。「報酬は提供価値の対価である」というビジネスの原理原則は、副業でも複業でも変わらないのですから。

次のページ
「複業」によって「なめらかな転職」が可能になる
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら