コロナ禍のお笑い・アイドル SNS活用し新ビジネス

久々に埋まった客席を前に漫才を演じる和牛の二人(大阪市のなんばグランド花月)
久々に埋まった客席を前に漫才を演じる和牛の二人(大阪市のなんばグランド花月)

新型コロナウイルス感染症は、お笑いやアイドルなどエンターテインメントビジネスに大きな痛手となった。観客を入れたライブ活動ができなくなり、チケット収入やグッズ販売が落ち込んだ。一方で、これをきっかけにSNS(交流サイト)を活用したビジネスの開拓や、新しいライブ様式の模索も始まった。コロナに負けないエンタメの現場を追った。

大阪都構想の住民投票日だった11月1日、大阪・千日前のなんばグランド花月では、朝から当日券を求める行列が伸びていた。この日、吉本興業は全国14の直営劇場で観客の上限を80%まで増やしたのだ。4月に全公演を中止、6月から無観客で再開し、7月から40%程度まで観客を入れるなど段階的平常化の大きなステップだった。

久々にびっしり埋まった会場に登場した人気漫才コンビ和牛の2人は「今までは舞台から空席がたくさん見えた。今日はお客さんの笑顔がたくさん見えて、ああ戻ったなあという感覚」と話す。吉本新喜劇の出演を終えたすっちーさんは「隣が空席だと、お客さんも笑っていいのかなという感覚になりがち。隣に人がいれば笑いの連鎖が起き、私たちも乗せられる」と語る。

この日のなんばグランド花月では検温や消毒、追跡表の記入などの対策をし、舞台から2列目までは空席。マイクも登壇者ごとに消毒し、席での飲食を禁止するなど感染防止を徹底した。岡本昭彦社長は「舞台は私たちにとって何より重要。これからも感染防止を徹底し、お笑いを楽しんでほしい」と話した。

コロナ第1波で舞台がなかった時期に何もしなかったわけではない。4月に吉本は所属芸人が自宅からお笑いライブを配信する「#吉本自宅劇場」を開始。6月からは無観客ライブの配信をした。10月までの7カ月の売り上げは5億8400万円を確保。舞台収入には及ばないが、岡本社長は「劇場に足を運べないが、お笑いは見たいというニーズが大きいことを知った。コロナ後も舞台と配信を併存させたい」と意気込む。

注目記事